ご報告

 

東城久幸のファンの皆様、業界関係者様、お友達の皆様へご報告があります・・・

 

昨年11月22日に最愛の家内、椿を病で失いました。

その後皆様には本当にご心配をおかけ致しました。

本当に人生最低、最悪のどん底状況を過ごしてきた私ですが、この度私にとっておそらく最後の人生のお付き合いをしてくれる女性と出会うことができ正式に結婚致しました。(式は来年6月を予定しています)

私と一回り以上年下のとてもキュートな本当に素敵な人です。

素敵なご両親にもご理解を頂き上手にお付き合いをさせていただいています。

椿が亡くなりまだ早いのでは?と言う声も聞こえてきそうですが・・・

私にとってこの数カ月は3年以上の長い時間に感じられました。

常日頃、人に勇気や希望を伝えてきたつもりの私でしたが、最愛の人を失うダメージは自分でも信じられない程大きなものでした。

一時期(約1ヶ月)は本気で「死にたい!」と言う気持ちになり食事も喉を通らず息を吸うことすら大変なことでした。

何も考えられず自らの会社に出向くこともできず、ただ漠然と時間が過ぎていくのを待つだけの毎日を経験しました。

そんな私を気遣いTOJO Familyを含むTOJOスタッフの方々は毎日のように私の自宅に訪れ食事の世話などをしてくれました。

本当にありがとうございました。感謝致します。

余りの寂しさからネコと暮らし始め私の寂しさをネコが癒してくれました。

それでも私には自分に課せられた使命の様なものを感じています。

私が前向きに歩き出さなければ誰も私に付いてきてはくれない・・・

生きがいと目標を失った私にとってこの女性は新たな希望を与えてくれました。

彼女は椿と全く真逆な性格を持っています。

初めはためらいと戸惑いの連続でした・・・

しかしそれがかえって新しい私を引き出してくれました・・・

私は今亡き椿に恥じることなく残りの人生を新たな人と楽しく前向きに過ごしていきたいと思っています。

愛する人を失いその思い出にすがり人生を生きて行く人は本当に多く存在します。

その悲しみや強さ不自由さは想像を大きく超えます・・・

勿論私にもそのような選択肢はありました・・・

しかし私は自分自身に目標や生きがいを感じられない限り動くことさえ難しいことと痛感しました・・・

生け花教室にも通うようになり、英会話スクールにも行っています・・・

 

恐らくは同じ経験のない方には理解できないことと思います・・・

「気持ちは解ります!」

等の言葉が一番私を傷つけます・・・

自分でも理解不能な私の気持ちが何で解るの!・・・

 

今一緒になってくれた妻も私の気持ちを大切に思い、又自分の気持ちも上手に調整しながら毎日を共に過ごしています。

 

私は来年60歳(還暦)を迎えますが東城久幸と言う人間はまだまだ完ぺきではありません・・・

それでも残りの人生精いっぱい私に課せられた使命をおこなっていこうと考えています。

皆様のご理解のもと之からも温かく見守って下さい。

東城久幸の持論

「夢は強く思いそれを人に伝へ行動することで必ずかなう!」

と信じています・・・

「全国TOJO Family300以上!」

「ヒーリング水族館」

「アニメ」

「自伝」

「ノーベル平和賞」

「世界平和」

一つづつかなえて行きます!

 

椿♪、之からも身近で私達を応援してね

 

東城久幸

 

そして・・・

「ゆきえ」

 

久 幸

幸 恵

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031