» 水族館のブログ記事

仙台うみの杜水族館へ行ってきました・・・


 

海の杜水族館は今年2015年7月1日にグランドオープン致しました・・・


 

建物の外観は白を基調としたスタイリッシュで都会的な雰囲気を意識しています・・・

 

 

内装には木目なども多く付かい温かみも大切にしています・・・

 

 

各エリアにはテーマが決められ雰囲気が変わります・・・

 

 

今回は1泊2日の計画で仙台に向かいました・・・

 

 

朝7:30分に我が家を出発・・・

 

 

勿論大好きなアルファードでのロングドライブ・・・

 

 

到着したのはお昼前・・・

 

 

水族館の前を見てびっくり!・・・

 

 

何だ、この人だかりは?・・・

 

 

聞いてみるとチケットを買うために並んでいるとのこと・・・

 

 

しかも1時間以上の待ち時間・・・

 

 

台風が日本に近づくなか全国的に気温が高く特にこの日は35℃・・・

 

 

炎天下に1時間も並ぶのは・・・

 

 

当然「パス」・・・

 

 

明日朝一番で行ってみよう・・・

 

 

それでも宿に行くには早すぎ・・・

 

 

近くの滝でも見てこよう・・・

 

 

ナイスショット!・・・

 

 

滝は上手に撮れました・・・

 

 

そして次の日・・・

 

 

朝1時間も早くに行き並びます・・・

 

 

朝なので日差しの強さも我慢できます・・・

 

 

できたばかりの水族館には大勢押しかけ・・・

 

 

前日の日曜日には1万2千人の人が訪れたとのこと・・・

 

 

にぎやかな水族館が嫌いな私にとっては・・・

 

 

想像もしたくない状況ですね・・・

 

 

そこで・・・

 

 

思いついた作戦は・・・

 

 

昨年ルーブル美術館を観たときに生み出した方法・・・

 

 

それは朝一番の施設には人気の高い場所に人々は集中します・・・

 

 

当然水族館では大きな水槽の前に人が集まります・・・

 

 

私と家内は初めの水槽を全てスルーして(写真を撮りながら)・・・

 

 

足早に見て回ります・・・

 

 

その結果・・・

 

 

水族館の独り占め的な写真を撮ることができました・・・

 

 

この技は結構使えるかも知れませんね・・・

 

 

ペンギンも可愛いのですが・・・

 

 

お土産コーナーで・・・

 

 

女性スタッフにお土産をゲット・・・

 


水族館がだんだん未来的になってきました・・・

私の理想は珍しい魚を見て回るのではなく・・・

のんびり水景を楽しめる空間です・・・

今後全国にTOJO流の水族館を提案していきます・・・

皆様の応援宜しくお願い致します・・・

 

 


 

 

エプソンアクアパーク品川へ行ってきました・・・

 

 

2015年7月10日グランドオープン当日に行ってみました・・・

 

 

 

エプソン品川には映画を見るため1か月に2回程度は訪れます・・・

 

 

この日もシュワちゃんのターミネータージェネシスを見た帰りに立ち寄りました・・・

テレビでも紹介されていたので・・・

さぞ混んでいるかと思って入ってみると・・・

かなり空いていました・・・

 

 

この水族館は9つのエリアに分かれているようです・・・

初めに見られる水槽は・・・

殆ど仕掛けがされています・・・

普通に魚を見ていると・・・

 

 

 

いきなりバックがこんな感じに早変わり・・・

でも少々子供だましのような気がしました・・・

 

 

 

 

オープン初日で綺麗な通路・・・

 

 

 

の水槽は触ると葉っぱが無くなり中の魚が見えてきます・・・

 

 

しかし中の魚たちはおびえ切っていました・・・

 

 

水槽に触ることで模様が変わります・・・

しかし水槽はどれも当然ながら手あかだらけ・・・

 

 

 

シノドンティス(サカサナマズ)の映像は・・・

を触れることで逆さではなくなります・・・

しかしその後ろの水槽の中ではシノドンティスが逆さになって死んでいました・・・

 

 

 

これはレイアウトには思えません・・・

 

 

全国のTOJO Familyが行うフォトコンテストなら間違いなく最下位になりますね・・・

 

 

 

それでもリニューアルオープン当日なので・・・

 

 

どの水槽も綺麗です・・・

とっ、言いたいところでしたが・・・

ま新しいアクリル水槽の内側に傷がいっぱい目立ちました・・・

メンテナンスはもっと丁寧に行ってほしいと願います・・・

 

 

 

クラゲのエリアのようです・・・

 

 

壁や天井まで鏡張りのコーナーは・・・

色合いや投影される模様が変わりとても幻想的・・・

 

 

 

クラゲを見ていると本当に安らぐものなのですが・・・

なんか安いキャバレーの様な雰囲気にも見えてきました・・・

 

 

 

色が綺麗に変わるクラゲたち・・・

 

 

 

とても幻想的ですね・・・

 

 

音楽はもう少し優しいものが落ち着くと思います・・・

その辺はサンシャイン水族館の方よかったかな・・・

 

 

クラゲの写真を撮るのにはいい場所ですね・・・

 

 

 

この水槽はとても目立っていましたが・・・

メンテナンスが大変そう・・・

 

 

 

傷を付けないで下さいね・・・

 

 

 

 

クラゲコーナーを抜けると・・・

 

 

長いエスカレーターで2階に向かいます・・・

 

 

2階には大きな水槽が沢山あります・・・

 

 

時間帯が遅かったためか・・・

 

 

カップルが多く見られました・・・

 

 

この魚は優雅に泳ぐので写真写りはバッチリですね・・・

 

 

お土産コーナーも充実しています・・・

 

 

 

大きなトンネル水槽も大人気・・・

 

 

皆さん写真上手に撮れました?・・・

 

 

水族館ではストロボNGの為、なかなかうまく撮れませんね・・・

 

 

可愛いけど・・・

水族館にはいなくても良いのでは?・・・

 

 

愛きょうありますね・・・

 

 

飛出し防止対策なのか?上のネットが邪魔ですね・・・

 

 

・・・

 

 

品川駅から徒歩2分の水族館エプソンアクアパーク・・・

 

構広く感じます・・・

 

昔は私の遊び場だった処でしたが・・・

 

是非一度遊びに行って見て下さい・・・

ターミネーターも面白いですよ!・・・

 

 

 

 

 

 

 

サンシャイン水族館に行ってきました・・・


 

我が家から首都高速を使うと30分以内で到着です・・・

ここでは今まで何度もイベント等で数多くの水槽を設置してきました・・・

それでもサンシャインシティー屋上にあるこの水族館に来るのは本当に久しぶりです・・・

せっかく来たのだから・・・

いるかな?・・・

吉田さん・・・

お忙しい中わざわざ出てきてくれました・・・


 

吉田さんには以前サメ水槽を作ってもらったことがあります・・・

彼の水槽設備の知識は多くの施設を手掛けている為天下一品・・・

今はこの水族館で役員として働いています・・・


 

サンシャイン水族館は数年前リニューアルしました・・・


 

リニューアル前しか知らない私たちはその違いにビックリでした・・・

 

 

せまい場所で大型の海獣を飼育していると・・・

 

(写真はアルマジロです)

どうしてもにおいなどが気になります・・・

 

 

しかし今回そのような事はありませんでした・・・


 

とても綺麗に管理されています・・・


 

いつものように平日に訪れる水族館はある程度すいています・・・


 

それでも子供の団体さんがにぎやかに入ってきました・・・

 

 

小学校1年生の団体です・・・

 

 

引率する先生は一生懸命子供たちに騒がないよう指示していますが・・・

 

 

水族館に連れてきて子供に「はしゃぐな!」と言っても・・・

 

 

 

なんだか違う様な気がします・・・

 

 

それならいっそ、水族館を貸切にして子供だけで大騒ぎすれば良いのでは・・・

 

 

静かに見たい一般の人とは分けて欲しいと願います・・・


 

それでも水槽を見ていて感心しました・・・

 

 

サンシャイン水族館は魚の珍しさだけでなく・・・

 

 

レイアウトディスプレーも他の水族館より確りされています・・・

 

 

 

水槽面(アクリル)の傷も目立ちませんでした・・・

 

 

そして館内には癒やされる音楽が流れています・・・

 

 

寄りかかる場所はあるものの椅子がないのが残念でした・・・

 

 

ラッコやペンギンも可愛いのですが・・・

 

 

やはりここに居なくてもいいかな・・・

 

 

水族館を数多く見ているとやはりその違いが見えてきました・・・

 

 

水族館の本当の目的は・・・

 

 

水族館は家族で行くところ?・・・

 

 

それともデートスポット?・・・

 

 

生態マニュアの天国?・・・

 

 

私はどれにも当てはまり・・・

 

 

どれにも属さないことが理想と思います・・・

 

 

そうだ・・・


 

水族館を創ろう・・・

 

 

私が作る水族館はどんなものになるでしょうかね・・・

 

 

小さな水族館とは言え、水族館を作ることは大変なことになると思います・・・

誰か、ご一緒しませんか?・・・

 

 

東京タワー水族館に行ってきました・・・

 

東京タワーは私が生まれた昭和32年の翌年に完成しました・・・

 

 

 

当時東京港区高輪にあった自宅の2階から手に届くくらいの感覚で見えたのを懐かしく思いだします・・・

 

 

 

 

東京生まれ東京育ちの私は逆にあまり東京タワーにはのぼりませんでした・・・

57年の間に上ったのは4~5回くらいでしょうか・・・

 

 

結局今回も上にはのぼりません・・・

最近再び水族館に興味をもち、色々な水族館を見て回る中・・・

 

 

ふと、東京タワー水族館を見てみたくなりました・・・

 

 

ここも中目黒の自宅から20分程度で付く場所です・・・

 

 

ここの水族館には最近はやりの大型水槽やトンネル水槽は一つもありません・・・

 

 

展示される魚たちも、いたってシンプル・・・

館内を見て回っていると水槽のメンテナンスをする方に呼び止められました・・・

おっ!私のことを知っている?・・・

 

 

 

東京タワー水族館展示飼育長の浅田さんです・・・

 

 

 

 

ここの水槽メンテナンスは会場前に若いスタッフと行っているようです・・・

これだけの本数をこなすのは大変でしょうね・・・

 

 

平日と言うこともあり、館内のお客様はちらほら・・・

 

 

ゆっくり、のんびりの私達にはとても心地よい場所に感じます・・・

 

 

勿論ご商売でもあるので、お客様はそこそこ入らなければならないとは思いますが・・・

 

 

東京タワーのごとく、どこか「レトロ」な感じが漂います・・・

 

 

 

水槽を見て回ると、案外魚の種類は豊富、と言うか・・・

 

 

 

同じ種でも、多くの個体を目にすることができます・・・

 

 

最近、はやりの海水魚よりは淡水魚の方が多いように見えます・・・

 

 

 

それを目当てにマニュアの方も多いとか・・・

 

 

最近私が良く水族館を訪れるのには・・・

 

 

理由があります・・・

 

 

20数年前、現在の私の行うアクアリウムレンタルを始める切っ掛けが・・・

 

 

水族館であったり、熱帯魚ショップでありました・・・

 

 

当時何かの引力のごとく引き寄せられた場所に・・・

 

 

また新たな引力と使命を感じています・・・

 

 

私が生きている意味のヒントがここにあります・・・

 

 

たいていの方は個体の珍しさや・・・

 

 

 

面白さに夢中になりますが・・・

 

 

私の目には違う空間と・・・

 

 

 

脳細胞内の変化が見えてきます・・・

 

 

この空間で何かの力をもらえる様な気がします・・・

 

 

水族館ではストロボが使えませんが・・・

 

 

頑張れば良い写真を撮ることもできます・・・

 

 

京タワー水族館で良し悪しを感じました・・・

良いことは、生き物を大切に思い古いものを新しい感覚で伝えているところ・・・

悪い処にはあえて触れません・・・

 

 

 

しかし、最後に見るこの風景は手直しを希望します・・・

コンセプト次第ではありますが、「和」を意識するのであればもう少しセンスを見に付けて欲しいと思いました・・・

多くの外国人も目にすることと思います・・・

宜しければ私が直しますよ・・・

でも東京タワー水族館を見て本当に良かったと思いました・・・


 

展示飼育長の浅田さん・・・

ご丁寧に説明していただきありがとうございました・・・

お忙しい処手を止めさせて失礼しました・・・

今度は是非Aquarium TOJOのショールームにお越し下さい・・・

 


 

 

上に上らなくても東京タワーは楽しめますね・・・

処で何を食べたかは内緒です・・・

 

 

 

 

 

 

葛西臨海水族園に行ってきました・・・

 

 

 

 

ここの水族館はマグロで始まり・・・

そのマグロが変死することで有名になり・・・

最近また新たなマグロがいっぱい入ったようです・・・

 

 

私が訪れた時は最後の1匹のマグロが泳いでいました・・・

 

 

私が役員を務める日本観賞魚振興事業協同組合の集まりで幾度かこの水族園園長さんと直接お話をしています・・・

 

 

私が思うに何故多くのマグロが死んでいったのかより・・・

 

 

 

何故最後の1匹は死ななかったのか?の方が興味深いことでした・・・

 

 

ここの施設は敷地が広く疲れ気味の私達には少々疲れました・・・

 

 

それにしても水族館内はいつものことながら水槽をゆっくり見ることが難しいですね・・・

なぜなら・・・

 

 

前の人達がゆっくり見ていて、空いたと思うと、後ろで次の人たちが並んでいます・・・

お人良しの私達はついつい場所を譲ってしまい・・・

次の水槽に行くとまた並ぶ・・・

 

 

それでも平日なので休みの日よりははるかに空いていることと思います・・・

別に私は水族館の評論家に成る積りはありませんが・・・

 

 

日本全国数々の水族館を見ていると、それぞれの特徴や良し悪しが目に付くようになりました・・・

今、世界各国からイルカショーやイルカの捕獲方法を指摘されています・・・

これは捕鯨の問題や動物園の見せ方も同じ感覚を覚えます・・・

 

 

この様な意見で双方の主張はそれぞれ正論を唱えいていますが・・・

どちらも間違っていると私は感じます・・・

 

 

では何が正解なのか?・・・

 

 

それは私達人間のあり方自体に大問題があり、それを修正しようとすること自体が・・・

自然の摂理に矛盾するなことなのだと感じています・・・

 

 

最近年齢を重ねるごとに一番大切なものが鮮明に見えてきます・・・

 

 

58歳という年齢が高いのかまだまだ未熟なのか(恐らく後者です)解りませんが・・・

 

 

矛盾が見えたときそれを直せない自分たちに悔しさを覚えます・・・

 

 

 

 

アクアリウムを仕事としながら年齢を重ねることで、又大切なものが鮮明に見えてきた今日この頃でした・・・

 

 

 

水族館は勉強をするところなのか?大きな水槽、大きな魚をビックリしながら楽しむところなのか?・・・

 

 

私はもっと違う楽しみ方が見えています・・・

 

 

子供を楽しませるだけの考え方であれば・・・

 

 

こんなお金の使い方は無意味です・・・

 

本当に子供たちに愛情を教えたいのであれば・・・

金魚等の飼育が一番と思います・・・

命のあり方を魚達が示してくれます・・・

 

 

ここで私から写真のワンポイント・・・


【水族館で綺麗な魚の写真を撮る秘訣】

 

水族館では色々な珍しい魚を目にするため多くの人がカメラを向けます・・・

しかし殆どの水族館では魚が驚くためストロボ(フラッシュ)使用の撮影は禁止されています。

お客様に邪魔になる為三脚も使えません・・・

そんな中、素人でも良い写真を撮る方法があります・・・

それは・・・

水槽面にカメラを直接押し付けるように固定します・・・(水槽に傷を付けないように!)

後はシャッターをカメラを動かないようにして切るだけ・・・

殆どの場合オートポジションで綺麗に撮れます・・・

また泳いでいる魚にカメラも合わせて動かすことで表情豊かな写真を偶然撮ることもありますよ・・・

(この場合水槽から少し離れて)

水族館に行ったときは是非お試しください・・・

くれぐれも水槽に傷だけは付けないように!・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しながわ水族館に行ってきました・・・

 

東京の中目黒にある我が家から車を走らせると・・・

しながわ水族館には・・・

凡そ25分程度で到着します・・・

 

 

 

この水族館ができた当初はとても綺麗で斬新に思えました・・・

しばらく来ませんでしたが・・・

最近また水族館に興味がでてきました・・・

 

 

久しぶりに来ると以前と水族館の見方が違っていることに気付きます・・・

 

以前はやはり展示される生体や大型の水槽に興味を持ち見ていましたが・・・

 

 

最近は水族館のあり方自体に興味を持ちます・・・

 

 

お訪れるお客さん達は何を求めて来るのでしょう?・・・

 

 

やはり子供の多いことは何処も変わりませんが・・・

 

 

 

案外お年寄りの姿も目に付きます・・・

 

 

そもそも私が混雑する日を避け平日に行くのだから・・・

 

 

お年寄りとお孫さん達が多くなるのも当たり前ですね・・・

 

 

それでも、やはり子供の声がうるさい・・・

 

 

水族館の目的は何でしょう?・・・

 

 

研究?実験?種の保存?癒し?芸術・やはり利益目的のレジャーでしょうか?・・・

イルカショーも問題視されていますが・・・

今後、水族館の方針を明確に示して欲しいと感じています・・・

 

 

 

 

新江ノ島水族館へ行ってきました・・・

 

 

私にとって水族館とは・・・

 

 

 

癒される空間・・・

 

 

そんなイメージを持っていますが・・・

 

 

 

実際は子供たちが大はしゃぎする場になってしまいます・・・

 

 

この日はたまたま、なのか?複数の幼稚園児がいっぱいでした・・・

 

 

子供は一人ひとりなら可愛いと思うのですが・・・

 

 

100人もの園児に大騒ぎされると・・・

 

 

さすがに癒されることはありません・・・

 

 

今回水族館で扱うイルカの捕獲方法が世界から問題視されましたが・・・

 

 

そもそも何で水族館でイルカショーやアザラシ等を扱うのでしょう?・・・

 

 

動物の芸は見ていて面白いことですが・・・

 

 

 

私の知る限りではその半数が死んでいるようです・・・

 

 

 

生き物は無理やりの芸をするのではなく・・・

自然に見える姿が一番美しいと感じます・・・

 

 

子供たちが大騒ぎするのではなく・・・

静かに楽しめる水族館でくつろぎたいと思いますね・・・

あなたはどう思いますか?・・・

 

 

 

 

 

カレンダー

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930