» 淡水魚のブログ記事

 

 

 

ボトリウム


てっちゃん先生で有名な田畑哲生さんがボトリウム講座を

山梨県甲府市にある岡島百貨店6階のジュング堂書店で今月16日まで開催しています。


 

早速、応援しに妻の幸恵と一緒に行ってみました。

 

 

行ってみるとお客さんの女性がボトリウムを真剣に作っていました。

てっちゃん先生の説明を聞いているうち、妻が私も作ってみたい!♪と言うことになり・・・

 

 

早速チャレンジ開始となりました・・・

 

色合が綺麗な砂が沢山用意されています・・・

 

初めは写真を撮っていた私でしたが・・・

 

好きな色を選びながら自分だけのオリジナルボトリウムをつくります・・・

 

 

今日に限り何となく自分でも作ってみたくなりました・・・

 

 

 

スプーンを使い砂を入れます・・・


 

 

 

てっちゃん先生!私の分もお願いします・・・

 

 

 

てっちゃん先生とは20年ほどの長い付き合いでしたが、いつも目にするボトリウムを実際作るのは初めてですね・・・


 

 

勿論今まで小さな水槽やガラスの器に水草を生けたことは何度もありましたが・・・

 

 

 

ボトリウムを作るのは案外コツの様なものが必要な事に気が付きました・・・

「そんなもの簡単にできるよ!」と言う方は是非試してみて下さい。


 

 

 

 

本物の水草もセットになっているので初めて扱う方でも解りやすくなっていますね・・・


 

 

 

 

てっちゃん先生のボトリウム講座は女性に大人気です!(うらやましい!)

 


 

 

妻も大はしゃぎ!♪・・・

 

小さいので気軽に作れるところが女性に受けているのでしょうか?・・・

 

 

てっちゃん先生は手取り足取り面白おかしく教えてくれます・・・

 

私達から見れば簡単な小さな水槽でも、扱ったことの無い女性にとっては苦手の世界・・・


 

 

 

 

しかし小さいボトルなら私でもできる・・・


 

作り始めて約1時間で完成です・・・

小型水槽なら15分位で作る私ですが・・・(^_^;)

 

 

 

中々思ったようにはできませんでした・・・

 

 

 

 

 

左が私、右が幸恵の作品です・・・

 

 

 

 

やっぱりこれは女性の方がセンスあるかな・・・


 

 

 

てっちゃん先生のボトリウム講座には色々なルールや法則がありました。

 

 

 

 

 

水替えは水曜日に・・・(水にちなんで)

水の汲み置きは前の日の火曜日・・・

その水はボトルの横に置いておきましょう!水温が同じになります!・・・


 

 

 

夏場は水・土(すいどう!)・・・


 

 

 

てっちゃん先生は

初心者の方にもわかりやすく丁寧に説明してくれます・・・

(女性だからかな~?・・・)

 

 

 

 

長年色々経験してボトルの丁度良い大きさも決まってきたようですね・・・

 

 

 

 

 

制作中は水が濁る為最後に綺麗な水を入っている水をこぼしながら入れて行きます・・・

 

 

 

 

とても綺麗になりました・・・

 

 

 

 

 

妻の作品は様々な角度から見ることで景色が違うように作りました・・・

とっ妻が申しております・・・


 

 

 

私の作品は・・・どこかの渓谷!・・・

いい加減な渓谷でしたね・・・これでは警告です!(;^ω^)


 

 

 

それでも何となく形になりましたかね・・・


 

 

 

 

てっちゃん先生のこの技術も多くの人に伝えられたらいいですね・・・

 

 

 

 

 

 

 

それでは仕上がりの記念撮影・・・


 

 

 

サインまでいただいて・・・

 

 

 

 

てっちゃん先生のボトリウム講座・・・これからどこまで発展することでしょう・・・

是非私達TOJO Familyとコラボしましょう!

楽しみですね・・・

 

 

 

ハーフムーン水槽

 

アクアリウム歴が50年以上である私はこの仕事を初めて21年になります・・・


仕事を始めたばかりのころは自宅に大小30本ほどの水槽がありました・・・


 

立派なショールームや大きな水槽を手掛ける様になってからは我が家に水槽は1本も置いていませんでした・・・


 

小さな水槽に白メダカを入れてみました・・・


 

そしたらやっぱり・・・

 

癒されました・・・


せっかくだからグッピーやグラミィ、ネオンテトラ等を入れてみました・・・

 

そしたら更に楽しくなりました・・・

 

やっぱり・・・

 

水草でディスプレイしてみました・・・

 

 

何ということでしょう!・・・

 

 

今まで私を癒してくれたバッキーが癒されています・・・

 

 


めでたし、めでたし・・・

 


 

東城久幸&椿&バッキー

 

 


 

 

第10回

Aquarium TOJO

全国フォトコンテスト2016


今日は2の作品の写真をお見せいたします・・・

この写真は水景レイアウトデザインなどの技術を見ます・・・

TOJOでは常に変化できる技術力が大切です・・・

年がら年中同じレイアウトはありません・・・

そして、ヒーターやコンセントが目立つこともNGです・・・

コケやタニシは論外です!・・・

フォトコンテストなので写真を水平に写したり・・・

ストロボの使い方も大切です・・・

この写真に写る水槽のサイズは・・・

小さいものは30㎝程度〜

大きい物では5メートルくらいの作品もあります・・・

それでも大きさでの勝負ではありません・・・

小さいものでも高得点の作品が沢山あります・・・

貴方はどの作品が好きですか?・・・

じっくりご覧ください・・・

 

※作品はエントリー順となっています・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※この作品は小学校3年生の坂巻花音さんがチーフに教わり自分で作ったものです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東城久幸&椿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10回

Aquarium TOJO

全国フォトコンテスト2016

出展作品が出そろい採点が行われました・・・

私の行うコンテストは単なる1枚の写真だけに点数を付けるものではありません。

4作品それぞれ色々な角度から見直し全体の芸術性を

Specialistである東城久幸&椿独自の見方で判断するものです。

【作品1.】水槽が置かれている部屋の全体が写るもの。

この作品では水槽がその部屋にマッチして全体的に綺麗に芸術的に見えるかを判断します。

水槽以外の細かい処もチェックの対象となります。

【作品2.】水槽ディスプレイ・レイアウトのアップ

これは技術的な部分を見ます。しかしどんなに優れた作品でも日々のメンテナンスが不可能なものはマイナスになります。

【作品3.】お客様の表情の写るもの

これは水槽がある為に見られる笑顔やしぐさなどを拝見します。

マスク姿や水槽をバックに集合写真的なものはマイナスになります。

【作品4.】これは100文字以内の文章で提出します。

水槽設置にまつわる様々なエピソードを書くものです。

今回は1の全作品をご覧いただきます・・・

順番はエントリー順です。順位とは異なります。

 

 

(このページでは1の作品だけ掲載いたします。2・3は又後日ご紹介致します)

 

最優秀賞は誰の手に?・・・

 

 

【作品1.】

優秀作品:広島 明賀健太郎

優秀作品:鈴木孝宜

 

優秀作品:明賀健太郎

 

 

 

第16位入選作品 埼玉県:中沢 俊

 

 

優秀作品:岡田幸恵

 

優秀作品 :岡田幸恵

 

第20位入選作品:井上隆介

 

第10位 入選作品:浅野道直

 

第9位入選 神奈川:鈴木孝宜

 

優秀作品 群馬:原澤慎太郎

 

第4位入賞作品 長崎:湯田恭弘

第13位入選作品 北九州:高畑友喜

 

第6位入賞作品 群馬県:原澤慎太郎

優秀作品 埼玉:芹田康 仙

 

第5位入賞作品 埼玉芹田康仙

優秀作品 埼玉:芹田康仙

 

 

 

優秀作品 大阪:岡田幸恵

 

 

優秀賞作品 TOJO1.松久保大樹

 

 

 

 

第21位入選作品 TOJO1.榊原隆行

 

第24位入選作品 東京:石井良活

 

第11位入選作品 長野県:小澤智明

 

 

第7位入賞作品 埼玉県坂巻 学

 

※この作品は小学校3年生の坂巻花音さんがチーフに教わり自分で作ったものです・・・

 

 

 

第12位入選作品 東京:小西啓之

 

 

第19位入選作品 鹿児島県:新保晶子

 

 

最優秀賞作品 埼玉アクアリバージュ代表長原一紀

 

 

第14位入選作品 大阪府  :村井富茂

 

第18位入選作品 福島県:梅沢弘樹

 

第15位入選作品 福岡:下田将史

 

第17位入選 福岡:森田哲平

 

 

 

第8位入賞作品 宮崎県:田中孝信

 

第15位  入選作品 福岡県:下田将史

 

 

 

 

東城久幸&椿

相変わらずバッキーはモテモテです・・・


会社に行く時は「チーフ」になります・・・


 

そして今日は我が家で雑誌の取材です・・・


 

水槽の無い我が家に水槽を設置するのは・・・

Aquarium TOJOの幹部である井上隆介・・・

今日は彼が主役です・・・

とっ、思ったら・・・

ツルケンさんと、カメラマンの平野さんは?・・・

全然違う方を気にしています!・・・

 

 

そうです!2人ともバッキーに夢中になってしまいました・・・

今回はモデルさんに来てもらい水槽の撮影のはずなのですが・・・

 

気が付くと・・・

 


 

バッキーの撮影会になっていました・・・


 

ついにバッキーのデビューでしょうか???


 

モデルさんもバッキーを気に入ってくれました・・・

二人とも素敵ですね・・・

でも、本当は今日のメインはバッキーでもなく、モデルさんでもなく・・・

さて、何でしょう???

気になる方はツルケンさんに注目ですね・・・

 

 

 

 

 

仙台うみの杜水族館へ行ってきました・・・


 

海の杜水族館は今年2015年7月1日にグランドオープン致しました・・・


 

建物の外観は白を基調としたスタイリッシュで都会的な雰囲気を意識しています・・・

 

 

内装には木目なども多く付かい温かみも大切にしています・・・

 

 

各エリアにはテーマが決められ雰囲気が変わります・・・

 

 

今回は1泊2日の計画で仙台に向かいました・・・

 

 

朝7:30分に我が家を出発・・・

 

 

勿論大好きなアルファードでのロングドライブ・・・

 

 

到着したのはお昼前・・・

 

 

水族館の前を見てびっくり!・・・

 

 

何だ、この人だかりは?・・・

 

 

聞いてみるとチケットを買うために並んでいるとのこと・・・

 

 

しかも1時間以上の待ち時間・・・

 

 

台風が日本に近づくなか全国的に気温が高く特にこの日は35℃・・・

 

 

炎天下に1時間も並ぶのは・・・

 

 

当然「パス」・・・

 

 

明日朝一番で行ってみよう・・・

 

 

それでも宿に行くには早すぎ・・・

 

 

近くの滝でも見てこよう・・・

 

 

ナイスショット!・・・

 

 

滝は上手に撮れました・・・

 

 

そして次の日・・・

 

 

朝1時間も早くに行き並びます・・・

 

 

朝なので日差しの強さも我慢できます・・・

 

 

できたばかりの水族館には大勢押しかけ・・・

 

 

前日の日曜日には1万2千人の人が訪れたとのこと・・・

 

 

にぎやかな水族館が嫌いな私にとっては・・・

 

 

想像もしたくない状況ですね・・・

 

 

そこで・・・

 

 

思いついた作戦は・・・

 

 

昨年ルーブル美術館を観たときに生み出した方法・・・

 

 

それは朝一番の施設には人気の高い場所に人々は集中します・・・

 

 

当然水族館では大きな水槽の前に人が集まります・・・

 

 

私と家内は初めの水槽を全てスルーして(写真を撮りながら)・・・

 

 

足早に見て回ります・・・

 

 

その結果・・・

 

 

水族館の独り占め的な写真を撮ることができました・・・

 

 

この技は結構使えるかも知れませんね・・・

 

 

ペンギンも可愛いのですが・・・

 

 

お土産コーナーで・・・

 

 

女性スタッフにお土産をゲット・・・

 


水族館がだんだん未来的になってきました・・・

私の理想は珍しい魚を見て回るのではなく・・・

のんびり水景を楽しめる空間です・・・

今後全国にTOJO流の水族館を提案していきます・・・

皆様の応援宜しくお願い致します・・・

 

 


 

 

エプソンアクアパーク品川へ行ってきました・・・

 

 

2015年7月10日グランドオープン当日に行ってみました・・・

 

 

 

エプソン品川には映画を見るため1か月に2回程度は訪れます・・・

 

 

この日もシュワちゃんのターミネータージェネシスを見た帰りに立ち寄りました・・・

テレビでも紹介されていたので・・・

さぞ混んでいるかと思って入ってみると・・・

かなり空いていました・・・

 

 

この水族館は9つのエリアに分かれているようです・・・

初めに見られる水槽は・・・

殆ど仕掛けがされています・・・

普通に魚を見ていると・・・

 

 

 

いきなりバックがこんな感じに早変わり・・・

でも少々子供だましのような気がしました・・・

 

 

 

 

オープン初日で綺麗な通路・・・

 

 

 

の水槽は触ると葉っぱが無くなり中の魚が見えてきます・・・

 

 

しかし中の魚たちはおびえ切っていました・・・

 

 

水槽に触ることで模様が変わります・・・

しかし水槽はどれも当然ながら手あかだらけ・・・

 

 

 

シノドンティス(サカサナマズ)の映像は・・・

を触れることで逆さではなくなります・・・

しかしその後ろの水槽の中ではシノドンティスが逆さになって死んでいました・・・

 

 

 

これはレイアウトには思えません・・・

 

 

全国のTOJO Familyが行うフォトコンテストなら間違いなく最下位になりますね・・・

 

 

 

それでもリニューアルオープン当日なので・・・

 

 

どの水槽も綺麗です・・・

とっ、言いたいところでしたが・・・

ま新しいアクリル水槽の内側に傷がいっぱい目立ちました・・・

メンテナンスはもっと丁寧に行ってほしいと願います・・・

 

 

 

クラゲのエリアのようです・・・

 

 

壁や天井まで鏡張りのコーナーは・・・

色合いや投影される模様が変わりとても幻想的・・・

 

 

 

クラゲを見ていると本当に安らぐものなのですが・・・

なんか安いキャバレーの様な雰囲気にも見えてきました・・・

 

 

 

色が綺麗に変わるクラゲたち・・・

 

 

 

とても幻想的ですね・・・

 

 

音楽はもう少し優しいものが落ち着くと思います・・・

その辺はサンシャイン水族館の方よかったかな・・・

 

 

クラゲの写真を撮るのにはいい場所ですね・・・

 

 

 

この水槽はとても目立っていましたが・・・

メンテナンスが大変そう・・・

 

 

 

傷を付けないで下さいね・・・

 

 

 

 

クラゲコーナーを抜けると・・・

 

 

長いエスカレーターで2階に向かいます・・・

 

 

2階には大きな水槽が沢山あります・・・

 

 

時間帯が遅かったためか・・・

 

 

カップルが多く見られました・・・

 

 

この魚は優雅に泳ぐので写真写りはバッチリですね・・・

 

 

お土産コーナーも充実しています・・・

 

 

 

大きなトンネル水槽も大人気・・・

 

 

皆さん写真上手に撮れました?・・・

 

 

水族館ではストロボNGの為、なかなかうまく撮れませんね・・・

 

 

可愛いけど・・・

水族館にはいなくても良いのでは?・・・

 

 

愛きょうありますね・・・

 

 

飛出し防止対策なのか?上のネットが邪魔ですね・・・

 

 

・・・

 

 

品川駅から徒歩2分の水族館エプソンアクアパーク・・・

 

構広く感じます・・・

 

昔は私の遊び場だった処でしたが・・・

 

是非一度遊びに行って見て下さい・・・

ターミネーターも面白いですよ!・・・

 

 

 

 

 

 

東京タワー水族館に行ってきました・・・

 

東京タワーは私が生まれた昭和32年の翌年に完成しました・・・

 

 

 

当時東京港区高輪にあった自宅の2階から手に届くくらいの感覚で見えたのを懐かしく思いだします・・・

 

 

 

 

東京生まれ東京育ちの私は逆にあまり東京タワーにはのぼりませんでした・・・

57年の間に上ったのは4~5回くらいでしょうか・・・

 

 

結局今回も上にはのぼりません・・・

最近再び水族館に興味をもち、色々な水族館を見て回る中・・・

 

 

ふと、東京タワー水族館を見てみたくなりました・・・

 

 

ここも中目黒の自宅から20分程度で付く場所です・・・

 

 

ここの水族館には最近はやりの大型水槽やトンネル水槽は一つもありません・・・

 

 

展示される魚たちも、いたってシンプル・・・

館内を見て回っていると水槽のメンテナンスをする方に呼び止められました・・・

おっ!私のことを知っている?・・・

 

 

 

東京タワー水族館展示飼育長の浅田さんです・・・

 

 

 

 

ここの水槽メンテナンスは会場前に若いスタッフと行っているようです・・・

これだけの本数をこなすのは大変でしょうね・・・

 

 

平日と言うこともあり、館内のお客様はちらほら・・・

 

 

ゆっくり、のんびりの私達にはとても心地よい場所に感じます・・・

 

 

勿論ご商売でもあるので、お客様はそこそこ入らなければならないとは思いますが・・・

 

 

東京タワーのごとく、どこか「レトロ」な感じが漂います・・・

 

 

 

水槽を見て回ると、案外魚の種類は豊富、と言うか・・・

 

 

 

同じ種でも、多くの個体を目にすることができます・・・

 

 

最近、はやりの海水魚よりは淡水魚の方が多いように見えます・・・

 

 

 

それを目当てにマニュアの方も多いとか・・・

 

 

最近私が良く水族館を訪れるのには・・・

 

 

理由があります・・・

 

 

20数年前、現在の私の行うアクアリウムレンタルを始める切っ掛けが・・・

 

 

水族館であったり、熱帯魚ショップでありました・・・

 

 

当時何かの引力のごとく引き寄せられた場所に・・・

 

 

また新たな引力と使命を感じています・・・

 

 

私が生きている意味のヒントがここにあります・・・

 

 

たいていの方は個体の珍しさや・・・

 

 

 

面白さに夢中になりますが・・・

 

 

私の目には違う空間と・・・

 

 

 

脳細胞内の変化が見えてきます・・・

 

 

この空間で何かの力をもらえる様な気がします・・・

 

 

水族館ではストロボが使えませんが・・・

 

 

頑張れば良い写真を撮ることもできます・・・

 

 

京タワー水族館で良し悪しを感じました・・・

良いことは、生き物を大切に思い古いものを新しい感覚で伝えているところ・・・

悪い処にはあえて触れません・・・

 

 

 

しかし、最後に見るこの風景は手直しを希望します・・・

コンセプト次第ではありますが、「和」を意識するのであればもう少しセンスを見に付けて欲しいと思いました・・・

多くの外国人も目にすることと思います・・・

宜しければ私が直しますよ・・・

でも東京タワー水族館を見て本当に良かったと思いました・・・


 

展示飼育長の浅田さん・・・

ご丁寧に説明していただきありがとうございました・・・

お忙しい処手を止めさせて失礼しました・・・

今度は是非Aquarium TOJOのショールームにお越し下さい・・・

 


 

 

上に上らなくても東京タワーは楽しめますね・・・

処で何を食べたかは内緒です・・・

 

 

 

 

 

 

 

皆様のお陰様で第32回日本観賞魚フェア2014水槽ディスプレーコンテストで・・・


総合優勝を頂きました・・・


 

 

昨年に引き続総合優勝・・・

2連覇達成となりました・・・


 

実は私たち長年このコンテストに参加して、総合優勝も何回か頂いているのですが・・・

 

 

 

 

自然植物オンリーのテラリウムで総合優勝を頂いたのは初めてです・・・

 

 

 

 

振り返るとここまで長い道のりでした・・・

 

 

 

 

 

そもそもアクアリウムの業界でレンタル業である私達は当初理解されませんでした・・・

 

 

 

イベント等で出会う業界の人達も19年前は私達を異業種の目で見るようでした・・・

 

 

 

そんな中でも私達に親切にしてくれる人もだんだん多くなりました・・・

 

 

今では業界のみなさん私達を応援してくれるようになりました・・・

本当に嬉しい限りです・・・

 

 

今回のPLANETはミドリイシ権威の高野GM(TOJOゼネラルマネージャー)の作品です・・・

 

 

 

 

ミドリイシを状態良く配置しましたが・・・

 

 

残念ながら今回は受賞できませんでした・・・

 

 

 

 

この苔は約2年間かけて育てたものです・・・

 

 

 

苔を状態良く育てる事は結構大変です・・・

 

 

 

特に夏場に悪くなり易いですね・・・

 

 

霧発生装置は24時間付けっ放しです・・・

 

 

最近フェイスブックでグッピーファンの人と大勢お友達になりました・・・

 

 

私も一時期グッピーにはまりましたね・・・

 

 

特にドイツイエローは大好きでした・・・

ドイツイエロータキシードリボン・・・

 

 

 

そして・・・私の一番好きな写真・・・

水のポタポタ画像・・・

 

 

毎回本当に多くの魚が出品されます・・・

 

 

 

 

の性格上・・・アクアリウムの作品は一つのアートと考えます・・・

 

 

したがって隣の水槽や後ろの水槽に影響されることなく自らの水景を上手に演出したいと思いました・・・

 

 

その結果、水槽の周りに黒いバック作る様になりました・・・

 

 

しかしこれは結構な手間ですね・・・

 

 

 

昔は水槽のバックスクリーンも張らずに出展していた他の皆様も・・・

 

 

 

最近では色々な工夫をしてきます・・・

 

 

それが突拍子もないアイデアであったとしても・・・

 

 

私は楽しく拝見します・・・(ネコの靴が可愛い・・・)

 

 

アクアリウムに規則や法則はいりません・・・

 

 

 

自分が楽しいと思えばどんな水槽もOKなのです・・・

 

 

マクロレンズで撮影しています・・・

 

 

 

更に良いレンズが欲しいですね・・・

 

 

でもカメラもレンズも高ければ良いとは限りませんね・・・

 

 

写真も自分らしさが大切と考えます・・・

 

 

最近Aquarium TOJO Familyになる方が全国に急増しています・・・

 

 

しかし独立する事に抵抗のある方や不安に思う方も大勢ですね・・・

 

 

自分らしく生きる事は本当に大切な事と思います・・・

 

 

しかし・・・このパソコン・・・

 

 

誰か何とかして下さい・・・何故か文字がスラスラ打てない?・・・

 

 

あっ・・・TOJO Familyを考えている皆様・・・

 

 

1回しかない人生は楽しまなければ損ですよ・・・

 

 

営業の秘訣は・・・

 

 

思いっきり楽しむことです・・・

 

 

懲りずにビーシュリンプコンテストにもエビを出してみました・・・

 

 

TOJOブラック・・・

もう一息で完成します・・・欲しい人には差し上げますよ・・・

 

 

 

 

 

日本観賞魚振興事業協同組合ではいつも顔を合わせている伊藤代表からトロフィーを頂きました・・・

 

 

井上さんは久しぶりの受賞ですね・・・

 

 

 

この業界にもゆるキャラが存在します・・・

名前は・・・???

誰か知ってる?・・・

 

 

今回のコンテストで最優秀賞を頂いたので・・・

 

 

私と家内のチームは引退をしようかな・・・

 

 

長年良く張りました・・・

皆様の応援もありがとうございます・・・

 

TOJO Familyは素晴らしいグループです・・・

是非あなたも私達と一緒に多くの人を笑顔にしましょう!・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水景フォトグラファー東城久幸の世界2013鎌倉

全33作品総てお見せ致します・・・

 

この作品は2013年10月14日(祭日)から10月20日(日)まで鎌倉のミニギャラリー

(ゼルコバカフェ内)

にて展示致します・・・

 

 

今回はとても狭いスペースですが・・・

 

 

まだまだ数少ない私の作品を展示するスペースとしては十分ですね・・・

 

秋の鎌倉でのんびりしてみませんか・・・

作品NO.00001.

 

 

 

作品NO.00002.

 

 

 

作品NO.00003.

 

 

 

作品NO.00004.

 

 

 

作品NO.00005.

 

 

 

 

作品NO.00006.

 

 

 

 

作品NO.00007.

 

 

 

 

作品NO.00008.

 

 

 

 

作品NO.00009.

 

 

 

 

作品NO.00010.

 

 

 

作品NO.00011.

 

 

 

 

 

作品NO.00012.

 

 

 

作品NO.00013.

 

 

 

 

作品NO.00014.

 

 

 

 

作品NO.00015.

 

 

 

 

作品NO.00016.

 

 

 

 

作品NO.00017.

 

 

 

作品NO.00018.

 

 

 

 

作品NO.00019.

 

 

 

 

作品NO.00020.

 

 

 

 

作品NO.00021.

 

 

 

 

作品NO.00022.

 

 

 

 

 

作品NO.00023.

 

 

 

 

 

作品NO.00024.

 

 

 

作品NO.00025.

 

 

 

 

作品NO.00026.

 

 

 

 

作品NO.00027.

 

 

 

 

作品NO.00028.

 

 

 

 

作品NO.00029.

 

 

 

作品NO.00030.

 

 

 

作品NO.00031.

 

 

 

 

作品NO.00032.

 

 

 

 

 

作品NO.00033.

アクリル板45度カットで総てサインが入っています・・・

※サインなし(1点限りの裏サインは別価格になります)

 

≪価格表≫

■ LLサイズ(全倍)900×600㎜(板圧6㎜) :180,000円+消費税

■ L  サイズ(大全紙)600×400㎜(板圧6㎜):60,000円+消費税

■ M  サイズ (大四切)345×230㎜(板圧5㎜)  :28,000円+消費税

■ S   サイズ(四切)295×195㎜(板圧5㎜):18,000円+消費税

■ SS  サイズ(八切)210×140㎜(板圧3㎜)  :6,500円+消費税

※サイズは写真により㎜単位で変る場合がございます。

※料金には写真の加工留め具、箱が含まれています。

※SSサイズの物は専用アクリルスタンドが別にございます。(900円+消費税)

作品は額縁入りではなく総て瑞々しくつややかなアクリル加工をした状態で作られています・・・

※3万円以上のお買い上げは総て送料を無料と致します・・・

詳しくはホームページをご覧ください

カレンダー

2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031