» 海水魚のブログ記事

東城久幸流!

マリンアクアリウム(海水魚水槽)の

メンテナンス方法・・・

 

これは我が家にあるワイド600㎜のマリンアクアリウム(海水魚水槽)です・・

フィルターは底面式フィルターを使用。

波発生装置を取り付け小さいエアレーションをかけているだけです。 それでも魚達やサンゴが元気で大変綺麗です! しかし・・・


メンテナンスをほっておくと、この様にコケだらけで中が見えなくなってしまいます・・・

今日は皆様に超簡単なマリンアクアリウム(海水魚水槽)の東城久幸流メンテナンスをお見せいたします!

これはAquarium TOJO Familyの方達もプロとして実践している方法です!


 

いつでも水槽を綺麗に保つメンテナンスの「コツ」は・・・

毎週行うこと!ですね・・・

 

 

アクアリウム(熱帯魚)が大好きな我が家のマンチカンのバッキーが興味本位で見守ります・・・


 

このマリンアクアリウム(海水魚)水槽は西日の当たる我が家の2階にある為、毎週掃除をしていても直ぐにコケが生えてしまいます・・・

しかし、入れてあるサンゴや魚達はみんな元気です!

勿論私はプロですから、元気でなくてはこまりますね・・・

まずコケの状態を確認しましょう!

今回はコケがひどいので大量の水替えを行います。

通常600㎜水槽の水替えは水槽の水の量の約3分の1程度が理想ですが、この様に汚くなりきった水槽の水替えは3分の2程度行っても問題ありません。 今日は思い切って多くの水を換えてしまいます。


アクアリウムのメンテナンス時に一番初めに行うことは・・・

水槽外側のガラスを綺麗に拭くことから始まります。

次にLEDライトの汚れを綺麗に拭きとります。 コードのねじれやコンセント部分もチェックしましょう!

おっ!バッキーが芸術的に写っていますね(=^・^=)

東城流は常にプロとして「お客様」を意識して行います。

ライトは  床やライト自体に傷などつかない様に注意して置きましょう!

そして、お邪魔なネコちゃんにはどいてもらいます・・・

次にガラスブタを外して水滴を拭き取ります。

マリンアクアリウム(海水魚水槽)の場合ガラスブタにも塩が付着しやすい為ガラスブタは流しで水洗いすることをお勧めします!

とりあえずは水が垂れない様にタオルで綺麗に水滴を拭き取ります。

 

ガラスブタも割れない様にタオルをかけて安全な場所に起きましょう。

 

※ポンプを止めたほうがメンテナンス中のコケを底面内に吸い込まないので良いのですが水槽内に入れっぱなしの魚達の為にあえて作動したままメンテナンスをしています。

次の作業は水槽ガラス内面に付着したコケ取です。

この作業は3段階に分かれて行います。

①まずはコケ取用のヘラを使います。

私の持っているのは業界では売られていない秘密の優れものです!

 

 

秘密のコケ取ヘラで目に見えるコケをはぎ取る様に取り除いていきます。

着いたばかりのコケは力を使わず簡単に取れます。

 

 

綺麗に見えていても必ずコケは付いています。

丁寧に水槽内全体をこのヘラを使いコケを落としていきます。

 

 

後面のコケも丁寧に確りと落としましょう!

 

 

水槽ガラスのコーナー部分は注意します!

ヘラの先でがシリコンを剥がしてしまわない様に注意して下さい!

 

 

コケ取用のヘラで水槽内を綺麗にした後は

②食器洗い用のスポンジを使います。

ヘラで落としきれなかった水槽のコーナー部分のコケを丁寧に拭き取ります。

 

 

ガラス水槽の場合スポンジはザラザラしている側をガラス面に当たるように使います。ガラスが傷つくことはありません。

 

 

スポンジでもまんべんなく水槽内をこすります。

 

水槽内のライブロックや邪魔なアイテムは取り出しましょう。

一番先に取り出すことがメンテナンスを簡単にします!

 

ライブロックはバケツに入れて乾燥しない様にします。

メンテナンス時に魚を出すことは余りしません。

スピーディーなことが魚達にも負担をかけず大切です。

 

 

ディスプレイを完全に壊すこの作業は毎週は行いませんが定期的に行うことをお勧めいたします。

 

 

ヘラで取り切れなかったシリコン部分のコーナーはスポンジで丁寧にこすりコケを完全に取り除きます。

 

 

サンゴ砂の敷いていない底面も丁寧に拭いていきます。


 

3段階のコケ取作業の最終段階は

③ご自分の手です。

 

 

ヘラやスポンジで取り切れていないコケを手の平で感じながら(ヌルヌルする感じ)こすります。

ガラス面を「キュッキュッ」という音を感じたら完璧です!

 

 

水槽内に漂うコケを総て吸い込むように水をホースポンプで吸い取ります。

サンゴ砂の中などもホースポンプの蛇腹でない中央部分を指で握り水流を調節しながら吸い取ります。

この水槽の場合底面フィルターを使用しているのでサンゴ砂の間に必ずゴミが溜まります。

 

水を吸い取った後に水の無くなった水槽の内ガラス部分を渇く前に乾いたタオルで拭き取りましょう。

この作業は結構重要な作業です。

後の綺麗さが全く違います!

 

 

汚れた水なので食器を扱う流しよりもトイレに流します。

注)サンゴ砂等パイプが詰まるようなものは絶対に流さないこと!

 

 

人工海水を作ります。

 

 

毎回の作業なので私は自分の感覚で人工海水を作りますが、軽量カップなどに印をつけておくと便利です。

 

 

人工海水を上手に作るコツは熱湯で溶かすことです。


 

アミの中に人工海水(塩)を入れその上から熱湯をかけます。

 

 

簡単に溶けて細かい目の網からバケツの中に入っていきます。


 

今度は冷たい水にして水温を調節します。

 

 

この時もバケツの中で網をかき混ぜる様に動かすことで人工海水が綺麗に混ざります。

まだ水は白く濁っていますがそのまま入れても全く問題はありません。

 

 

この便利バケツはリットルの表示があるので便利ですが、通常のバケツの場合8文目くらいの所が何リットルなのか?を把握しておきましょう。

水槽のメンテナンスに使用するバケツは通常の丸い物より注ぎ口のあるものが大変重宝します。(なるほどバケツ等)

 

 

私は水槽のコーナーにあえて底砂を敷かない様にしているのでその部分に向かって行きおい良く水を注ぎこみます。

 

水を入れながらレイアウトディスプレイを作ります。


 

ディスプレイのコツは・・・

①高さを出すこと!


 

②奥行きを出すこと。


 

③魚達の泳ぐスペースを手前やサイドに作ること。


 

そして一番大切な事は・・・解りますか?!

 

 

④魚達の隠れるスペースを作ることです。


 

海水魚たちは夜暗くなるとライブロックの隙間などに隠れて寝ています。

隠れられるスペースを沢山作っておきましょう!

その結果見栄えの良いディスプレイが完成します。


 

このディスプレイの4つの法則は私が長年役員をしている農林水産省と経済産業省の認可する日本観賞魚振興事業協同組合が発行する国家試験でもある管理飼育士 のテスト内容にも含まれています。


 

ライブロックの形状を確認しながら魚達が通り抜けられるスペースを上手に作りましょう。

 

このライブロックはブリッジに丁度良い形ですね。


 

バッキーは少し飽きてしまいました・・・


 

全体のバランスを見ながらディスプレイを完成させます。


 

底に敷き詰めてあるサンゴ砂をピンセット等でバランスよく 仕上げます。

サンゴ砂が汚れきったときは汚れている表面部分を取り除き新しい綺麗なサンゴ砂を上からかけて行きます。汚れたものは漂白することで又綺麗に使うことができます。

(漂白剤の塩素等を必ず抜きます)

 

 

可愛い飾りサンゴもディスプレイしましょう。


 

白い飾りサンゴも直ぐに汚れてしまいます。

毎回新しい綺麗なものと交換します。

 

比重計で塩分濃度を確認します。

塩分濃度は1.019〜1.024あたりが理想です。

この測りの中央あたりが理想です。

しかし私は長年メンテナンスをしていますが、殆ど感覚で行っています・・・

たまに塩分濃度を測るとメモリをさす針が降り切れてしまったこともありました。

問題は魚達が元気かどうかです。

メモリばかり気にしていては逆に私達にストレスが溜まってしまいます。

塩分濃度は高目が理想と言う人もいれば低目が理想と言う人もいます。

アバウトが理想です!

とは言え少し真水を足しておきましょう。

その後は測りません!


 

真水を足して います。


 

水を入れた部分に気泡が付きやすいので手でその気泡を取り除きます。


 

ガラスブタを再度拭き水槽に載せます。


 

LEDライトを載せ水槽のガラス面を渇いた綺麗なタオルで丁寧に拭きます。


 

水槽の後ろも綺麗にしておきましょう。


 

TOJOの行う水槽にはバックライトとして色が変化するオリジナルのLEDライトを使用しています。

一つは水槽バックの上に向けて水槽ディスプレイを引き立てる様に使い、もう一つは水槽の後ろから前に向けて取り付けます。

前から見た水槽下のガラス部分が綺麗に光ります!


 

私達は水槽の水替えをするとき水をこぼしても大丈夫なシートは絶対に敷きません!

水をこぼさない気持ちを高めています。

それでも最後に床は綺麗にしておきましょう。

特にお客様の水槽の周りは丁寧に綺麗にしましょう。

(Aquarium TOJO Familyの鉄則です)

 

 

水槽の架台も綺麗に拭きます。


 

この架台の扉はマグネットで簡単に取り外しができて便利ですね。


 

架台の中や後ろにあるコンセントは毎回必ずチェックしましょう!

熱を持つていないか?!

抜けかけていないか?!

コードがねじれていないか?!

海水がかからないか?!

等々の安全部分は一番大切な事です!

 

 

できあがりました!


 

段々と左のハナガササンゴの触手が伸びてきます!


 

一見大変な作業に思われる方もいるかと思いますが、作業時間は約30分です!

このブログを書くより早いですね!

本当に簡単な事です。

ポイントは汚れる前にメンテナンスをすること。

1週間に1度が理想です。

曜日を決めておくと忘れないでいいですね。

私達Aquarium TOJO FamilyはTOJOスクール(5日間)でTOJOの認定する水景デザイナー資格を取得しフランチャイズ的なfamilyとして全国でアクアリウムのメンテナンスを中心に活動しています。

プロではなく水景デザイナー資格だけの取得も可能です。

TOJOスクールでは毎回マンツーマンで指導してFamilyさん達を育てています。

現在は日本全国(一部中国)に120組以上のAquarium TOJO Familyさん達が活躍しています。

女性の方も増えています。

目標は300組以上!あなたも私達と一緒に人からありがとうと言われる仕事をしてみませんか?!

人生感が変わりますよ。

 

 

綺麗な水槽はいやされるニャン♪・・・


  1. アクアリウムキャットの

大好評!

【バッキー劇場】

はじまりはじまり・・・

 

今日は変な男の人が2人来ましたにゃ〜・・・

 

 

何しに来たのかニャ〜?

 

えっ、マリンアクアリウムの立ち上げニャッ!?

 

 

ん!

なんニャッ?

この見慣れないものにゃ?・・・

 

 

一応全部チェックしなければニャ〜・・・

 

 

ん?・・・ん???、ところで何でこんな格好されてるニャッ!

 

 

なんか、眠くなってきたにゃ〜・・・

 

 

早くできないかニャ〜、

むにゃむにゃニャ〜ン♪・・・

 

 

できた?にゃ〜ん?・・・

 

 

どれどれ?・・・

 

 

わ〜い!

 

 

すごい!すごい!

 

 

おさかなさんがいっぱいだニャ〜!

 

 

ニモさん!・・・

 

 

どれ食べようかニャン♪・・・

 

★こらーっ!!

 

す、すみませんニャ〜

みもふたもありませんにゃ〜

 

つづく


第10回

Aquarium TOJO

全国フォトコンテスト2016


今日は2の作品の写真をお見せいたします・・・

この写真は水景レイアウトデザインなどの技術を見ます・・・

TOJOでは常に変化できる技術力が大切です・・・

年がら年中同じレイアウトはありません・・・

そして、ヒーターやコンセントが目立つこともNGです・・・

コケやタニシは論外です!・・・

フォトコンテストなので写真を水平に写したり・・・

ストロボの使い方も大切です・・・

この写真に写る水槽のサイズは・・・

小さいものは30㎝程度〜

大きい物では5メートルくらいの作品もあります・・・

それでも大きさでの勝負ではありません・・・

小さいものでも高得点の作品が沢山あります・・・

貴方はどの作品が好きですか?・・・

じっくりご覧ください・・・

 

※作品はエントリー順となっています・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※この作品は小学校3年生の坂巻花音さんがチーフに教わり自分で作ったものです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東城久幸&椿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10回

Aquarium TOJO

全国フォトコンテスト2016

出展作品が出そろい採点が行われました・・・

私の行うコンテストは単なる1枚の写真だけに点数を付けるものではありません。

4作品それぞれ色々な角度から見直し全体の芸術性を

Specialistである東城久幸&椿独自の見方で判断するものです。

【作品1.】水槽が置かれている部屋の全体が写るもの。

この作品では水槽がその部屋にマッチして全体的に綺麗に芸術的に見えるかを判断します。

水槽以外の細かい処もチェックの対象となります。

【作品2.】水槽ディスプレイ・レイアウトのアップ

これは技術的な部分を見ます。しかしどんなに優れた作品でも日々のメンテナンスが不可能なものはマイナスになります。

【作品3.】お客様の表情の写るもの

これは水槽がある為に見られる笑顔やしぐさなどを拝見します。

マスク姿や水槽をバックに集合写真的なものはマイナスになります。

【作品4.】これは100文字以内の文章で提出します。

水槽設置にまつわる様々なエピソードを書くものです。

今回は1の全作品をご覧いただきます・・・

順番はエントリー順です。順位とは異なります。

 

 

(このページでは1の作品だけ掲載いたします。2・3は又後日ご紹介致します)

 

最優秀賞は誰の手に?・・・

 

 

【作品1.】

優秀作品:広島 明賀健太郎

優秀作品:鈴木孝宜

 

優秀作品:明賀健太郎

 

 

 

第16位入選作品 埼玉県:中沢 俊

 

 

優秀作品:岡田幸恵

 

優秀作品 :岡田幸恵

 

第20位入選作品:井上隆介

 

第10位 入選作品:浅野道直

 

第9位入選 神奈川:鈴木孝宜

 

優秀作品 群馬:原澤慎太郎

 

第4位入賞作品 長崎:湯田恭弘

第13位入選作品 北九州:高畑友喜

 

第6位入賞作品 群馬県:原澤慎太郎

優秀作品 埼玉:芹田康 仙

 

第5位入賞作品 埼玉芹田康仙

優秀作品 埼玉:芹田康仙

 

 

 

優秀作品 大阪:岡田幸恵

 

 

優秀賞作品 TOJO1.松久保大樹

 

 

 

 

第21位入選作品 TOJO1.榊原隆行

 

第24位入選作品 東京:石井良活

 

第11位入選作品 長野県:小澤智明

 

 

第7位入賞作品 埼玉県坂巻 学

 

※この作品は小学校3年生の坂巻花音さんがチーフに教わり自分で作ったものです・・・

 

 

 

第12位入選作品 東京:小西啓之

 

 

第19位入選作品 鹿児島県:新保晶子

 

 

最優秀賞作品 埼玉アクアリバージュ代表長原一紀

 

 

第14位入選作品 大阪府  :村井富茂

 

第18位入選作品 福島県:梅沢弘樹

 

第15位入選作品 福岡:下田将史

 

第17位入選 福岡:森田哲平

 

 

 

第8位入賞作品 宮崎県:田中孝信

 

第15位  入選作品 福岡県:下田将史

 

 

 

 

東城久幸&椿

仙台うみの杜水族館へ行ってきました・・・


 

海の杜水族館は今年2015年7月1日にグランドオープン致しました・・・


 

建物の外観は白を基調としたスタイリッシュで都会的な雰囲気を意識しています・・・

 

 

内装には木目なども多く付かい温かみも大切にしています・・・

 

 

各エリアにはテーマが決められ雰囲気が変わります・・・

 

 

今回は1泊2日の計画で仙台に向かいました・・・

 

 

朝7:30分に我が家を出発・・・

 

 

勿論大好きなアルファードでのロングドライブ・・・

 

 

到着したのはお昼前・・・

 

 

水族館の前を見てびっくり!・・・

 

 

何だ、この人だかりは?・・・

 

 

聞いてみるとチケットを買うために並んでいるとのこと・・・

 

 

しかも1時間以上の待ち時間・・・

 

 

台風が日本に近づくなか全国的に気温が高く特にこの日は35℃・・・

 

 

炎天下に1時間も並ぶのは・・・

 

 

当然「パス」・・・

 

 

明日朝一番で行ってみよう・・・

 

 

それでも宿に行くには早すぎ・・・

 

 

近くの滝でも見てこよう・・・

 

 

ナイスショット!・・・

 

 

滝は上手に撮れました・・・

 

 

そして次の日・・・

 

 

朝1時間も早くに行き並びます・・・

 

 

朝なので日差しの強さも我慢できます・・・

 

 

できたばかりの水族館には大勢押しかけ・・・

 

 

前日の日曜日には1万2千人の人が訪れたとのこと・・・

 

 

にぎやかな水族館が嫌いな私にとっては・・・

 

 

想像もしたくない状況ですね・・・

 

 

そこで・・・

 

 

思いついた作戦は・・・

 

 

昨年ルーブル美術館を観たときに生み出した方法・・・

 

 

それは朝一番の施設には人気の高い場所に人々は集中します・・・

 

 

当然水族館では大きな水槽の前に人が集まります・・・

 

 

私と家内は初めの水槽を全てスルーして(写真を撮りながら)・・・

 

 

足早に見て回ります・・・

 

 

その結果・・・

 

 

水族館の独り占め的な写真を撮ることができました・・・

 

 

この技は結構使えるかも知れませんね・・・

 

 

ペンギンも可愛いのですが・・・

 

 

お土産コーナーで・・・

 

 

女性スタッフにお土産をゲット・・・

 


水族館がだんだん未来的になってきました・・・

私の理想は珍しい魚を見て回るのではなく・・・

のんびり水景を楽しめる空間です・・・

今後全国にTOJO流の水族館を提案していきます・・・

皆様の応援宜しくお願い致します・・・

 

 


 

 

エプソンアクアパーク品川へ行ってきました・・・

 

 

2015年7月10日グランドオープン当日に行ってみました・・・

 

 

 

エプソン品川には映画を見るため1か月に2回程度は訪れます・・・

 

 

この日もシュワちゃんのターミネータージェネシスを見た帰りに立ち寄りました・・・

テレビでも紹介されていたので・・・

さぞ混んでいるかと思って入ってみると・・・

かなり空いていました・・・

 

 

この水族館は9つのエリアに分かれているようです・・・

初めに見られる水槽は・・・

殆ど仕掛けがされています・・・

普通に魚を見ていると・・・

 

 

 

いきなりバックがこんな感じに早変わり・・・

でも少々子供だましのような気がしました・・・

 

 

 

 

オープン初日で綺麗な通路・・・

 

 

 

の水槽は触ると葉っぱが無くなり中の魚が見えてきます・・・

 

 

しかし中の魚たちはおびえ切っていました・・・

 

 

水槽に触ることで模様が変わります・・・

しかし水槽はどれも当然ながら手あかだらけ・・・

 

 

 

シノドンティス(サカサナマズ)の映像は・・・

を触れることで逆さではなくなります・・・

しかしその後ろの水槽の中ではシノドンティスが逆さになって死んでいました・・・

 

 

 

これはレイアウトには思えません・・・

 

 

全国のTOJO Familyが行うフォトコンテストなら間違いなく最下位になりますね・・・

 

 

 

それでもリニューアルオープン当日なので・・・

 

 

どの水槽も綺麗です・・・

とっ、言いたいところでしたが・・・

ま新しいアクリル水槽の内側に傷がいっぱい目立ちました・・・

メンテナンスはもっと丁寧に行ってほしいと願います・・・

 

 

 

クラゲのエリアのようです・・・

 

 

壁や天井まで鏡張りのコーナーは・・・

色合いや投影される模様が変わりとても幻想的・・・

 

 

 

クラゲを見ていると本当に安らぐものなのですが・・・

なんか安いキャバレーの様な雰囲気にも見えてきました・・・

 

 

 

色が綺麗に変わるクラゲたち・・・

 

 

 

とても幻想的ですね・・・

 

 

音楽はもう少し優しいものが落ち着くと思います・・・

その辺はサンシャイン水族館の方よかったかな・・・

 

 

クラゲの写真を撮るのにはいい場所ですね・・・

 

 

 

この水槽はとても目立っていましたが・・・

メンテナンスが大変そう・・・

 

 

 

傷を付けないで下さいね・・・

 

 

 

 

クラゲコーナーを抜けると・・・

 

 

長いエスカレーターで2階に向かいます・・・

 

 

2階には大きな水槽が沢山あります・・・

 

 

時間帯が遅かったためか・・・

 

 

カップルが多く見られました・・・

 

 

この魚は優雅に泳ぐので写真写りはバッチリですね・・・

 

 

お土産コーナーも充実しています・・・

 

 

 

大きなトンネル水槽も大人気・・・

 

 

皆さん写真上手に撮れました?・・・

 

 

水族館ではストロボNGの為、なかなかうまく撮れませんね・・・

 

 

可愛いけど・・・

水族館にはいなくても良いのでは?・・・

 

 

愛きょうありますね・・・

 

 

飛出し防止対策なのか?上のネットが邪魔ですね・・・

 

 

・・・

 

 

品川駅から徒歩2分の水族館エプソンアクアパーク・・・

 

構広く感じます・・・

 

昔は私の遊び場だった処でしたが・・・

 

是非一度遊びに行って見て下さい・・・

ターミネーターも面白いですよ!・・・

 

 

 

 

 

 

東京タワー水族館に行ってきました・・・

 

東京タワーは私が生まれた昭和32年の翌年に完成しました・・・

 

 

 

当時東京港区高輪にあった自宅の2階から手に届くくらいの感覚で見えたのを懐かしく思いだします・・・

 

 

 

 

東京生まれ東京育ちの私は逆にあまり東京タワーにはのぼりませんでした・・・

57年の間に上ったのは4~5回くらいでしょうか・・・

 

 

結局今回も上にはのぼりません・・・

最近再び水族館に興味をもち、色々な水族館を見て回る中・・・

 

 

ふと、東京タワー水族館を見てみたくなりました・・・

 

 

ここも中目黒の自宅から20分程度で付く場所です・・・

 

 

ここの水族館には最近はやりの大型水槽やトンネル水槽は一つもありません・・・

 

 

展示される魚たちも、いたってシンプル・・・

館内を見て回っていると水槽のメンテナンスをする方に呼び止められました・・・

おっ!私のことを知っている?・・・

 

 

 

東京タワー水族館展示飼育長の浅田さんです・・・

 

 

 

 

ここの水槽メンテナンスは会場前に若いスタッフと行っているようです・・・

これだけの本数をこなすのは大変でしょうね・・・

 

 

平日と言うこともあり、館内のお客様はちらほら・・・

 

 

ゆっくり、のんびりの私達にはとても心地よい場所に感じます・・・

 

 

勿論ご商売でもあるので、お客様はそこそこ入らなければならないとは思いますが・・・

 

 

東京タワーのごとく、どこか「レトロ」な感じが漂います・・・

 

 

 

水槽を見て回ると、案外魚の種類は豊富、と言うか・・・

 

 

 

同じ種でも、多くの個体を目にすることができます・・・

 

 

最近、はやりの海水魚よりは淡水魚の方が多いように見えます・・・

 

 

 

それを目当てにマニュアの方も多いとか・・・

 

 

最近私が良く水族館を訪れるのには・・・

 

 

理由があります・・・

 

 

20数年前、現在の私の行うアクアリウムレンタルを始める切っ掛けが・・・

 

 

水族館であったり、熱帯魚ショップでありました・・・

 

 

当時何かの引力のごとく引き寄せられた場所に・・・

 

 

また新たな引力と使命を感じています・・・

 

 

私が生きている意味のヒントがここにあります・・・

 

 

たいていの方は個体の珍しさや・・・

 

 

 

面白さに夢中になりますが・・・

 

 

私の目には違う空間と・・・

 

 

 

脳細胞内の変化が見えてきます・・・

 

 

この空間で何かの力をもらえる様な気がします・・・

 

 

水族館ではストロボが使えませんが・・・

 

 

頑張れば良い写真を撮ることもできます・・・

 

 

京タワー水族館で良し悪しを感じました・・・

良いことは、生き物を大切に思い古いものを新しい感覚で伝えているところ・・・

悪い処にはあえて触れません・・・

 

 

 

しかし、最後に見るこの風景は手直しを希望します・・・

コンセプト次第ではありますが、「和」を意識するのであればもう少しセンスを見に付けて欲しいと思いました・・・

多くの外国人も目にすることと思います・・・

宜しければ私が直しますよ・・・

でも東京タワー水族館を見て本当に良かったと思いました・・・


 

展示飼育長の浅田さん・・・

ご丁寧に説明していただきありがとうございました・・・

お忙しい処手を止めさせて失礼しました・・・

今度は是非Aquarium TOJOのショールームにお越し下さい・・・

 


 

 

上に上らなくても東京タワーは楽しめますね・・・

処で何を食べたかは内緒です・・・

 

 

 

 

 

 

 

ミドリイシとクイーンエンゼルの撮影・・・

 

 

久しぶりの生体写真撮影です・・・

 

 

【クイーンエンゼル】(飼育4年目)

今回の撮影現場は・・・

 

 

 

Aquarium TOJOゼネラルマネージャーである高野貴士自宅兼オフィスである

マンション9階・・・

 

 

 

彼は根っからのミドリイシマニュア・・・

 

 

サンゴのことなら何でも知っています・・・

JCRS(日本サンゴ礁学会)の役員も務めています・・・

 

 

 

【レスプレンデントアンティアス】

一緒に泳ぐハナダイの仲間・・・

 

 

ノリが大好き♪・・・

 

 

 

魚の撮影は動き回るので大変・・・

 

 

 

正面を向かれても・・・

 

【ミズタマハゼ】

底にいるハゼは写真写りが難しい・・・

 

【アケボノハゼ】

マイクロレンズを使用する為全体にピントが合いません・・・

 

【アクアマリンプロ特注水槽】

(サイズはW1200㎜×D600㎜×H600㎜)

 

 

 

写真より実際の方が綺麗に見えます・・・

 

【スパスラーダ(オーストラリア固有種】

鱗(うろこ)模様が特徴・・・

緑色に光り本体は自体はパープル色・・・

 

 

マニュアの方に言わせると、よりブルーの色合いが良いとのことですが・・・

 

 

【ストロベリーショートケーキ】


美味しそうなネーミングですね・・・

本体の自はエメラルドグリーン色で先端部分はピンク色に光るのが特徴です・・・

 

 

水景フォトグラファーの私にとっては・・・

 

【ヒメシャコガイ】

 

海中のブルー色より・・・

 

 

【ブラッバンデットエンゼル】

お花畑の様な色合いが大好きです・・・

 

【ナンヨウハギ】

これは「ナイスショット」だ!・・・


何はともあれ・・・

上手に育てたサンゴは・・・

本当に魅力的です・・・

 

【仲良しのツーショット】

 

最近、にわかにサンゴ飼育がブームです・・・

特に女性の方に人気があるのは何故でしょう???

ともあれ、ご自分でできない方は是非・・・

全国

Aquarium TOJO Family

までお気軽にご連絡下さい・・・

この仕事は独立感覚で行うことができます・・・

やりたいな~・・・とっ、

悩んでいる方は是非私と話をしてみませんか・・・

確実にあなたの人生が180度変わりますよ・・・

人生楽しみながら歩みましょう・・・

 

 

 

 

 

 

 

第33回日本観賞魚フェア2015

 


去る2015年4月10日(金)~4月12日(日)まで東京江戸川区船堀にある「タワーホール船堀」内にて・・・

第33回日本観賞魚フェア2015が開催されました・・・

 

 

会場内には金魚品評会の水槽をメインに数々の魚やディスプレイ水槽が飾られていました・・・

 

 

 

日本観賞魚振興事業協同組合の役員を10年以上続ける私にとっても、

このフェアはとても大切に思っているイベントです・・・

 


古くから金魚飼育に力を入れていた地域で行われるこの会は、

とても歴史を感じさせられます・・・

 

 


そして金魚をこよなく愛する人たちの優しさがとても良く伝わってきます・・・

 

 

 


時代が変化していく中、金魚だけではなく小型のエビやメダカ、グッピー等も数多く出品され、

それぞれ小さな生き物を大切に思う人の気持ちも伝わってきました・・・

 


最近では若い女性の姿も珍しくなくなり、人の愛情を感じることが嬉しく思えます・・・

 


昨今、全てのものが進化をして便利になる反面、

子供たちの心から愛情が失われていくことを感じます・・・

 


そう言えば先日、

私は町中を車で走っているとき、こんな光景を目にしました・・・

 


バスの停留所にお年寄りが3,4人並んで待つ横に、

小学生高学年くらいの子供たちがやはり3,4人並んで待っていました・・・

 

 

お年寄りはぼんやりバスを待っています・・・

 


その横で子供たちは全員携帯のゲームに夢中です・・・

 

 


昔から人の心は直接、あるいは文面を通じて繋がるものでした・・・

 

 


今は・・・

 


とりあえず電子的な物を仲介して伝わるようです・・・

 


スピード・利便性を重視しすると、そこには愛情の必要はありません・・・

 


電子的なところのどこかで、愛情が削除されいるような気がします・・・

 

 


小さな生き物から大切なメッセージを感じてしまいます・・・

 

 

アクアリウムのディスプレイや・・・

 

 

 

メンテナンス技術をマスターして・・・

 

 

全国で活動するTOJO Familyの方々は・・・

 

 

お陰様で110組を超えました・・・

 

 

そのクライアント数は2500にもなります・・・

 

 

ファミリー数が200・300になるのも時間の問題・・・

 

 

毎年恒例に行ってきました、

TOJOファミリーの全国フォトコンテストも・・・

 

 

来年で10回目となります・・・

 

 

それを記念して最優秀賞の副賞である賞金も・・・

 

 

100万円と致します・・・

 

 

これは頑張った人へのプレゼントと考えます・・・

 

 

TOJO Familyグループは互い存在や技術力を意識して・・・

 

 

常にレベルを上げていきたいと考えてます・・・

 

 

来年の表彰式パーティーは沖縄に決定しました・・・

沖縄では美ら海水族館ツアー・・・

沖縄現地ファミリーによるミニヒーリング水族館の設営・・・

ダイビング体験スクール・・・

サンゴの研究会・・・

釣り大会・・・

更にはゴルフ大会・・・

写真撮影会・・・

各メディアでも取り上げてもらいます・・・

 

サンゴの保全活動も支持・支援致します・・・

勿論一般の方も参加自由です・・・

 

 

あなたも是非ご参加下さい・・・

できればTOJO Familyの一因となり・・・

100万円の優勝賞金をゲットして下さい!・・・

 

 

株式会社アクア環境システムTOJO設立20年と・・・

TOJO Familyグループ10年の歴史の節目として・・・

思い切り楽しみたいと思います・・・

それでも私たちはただ楽しいだけの集まりには致しません・・・

 

 

後世の世界平和を願いつつ・・・

 

 

アクアリウムを通じて、愛情が1番であることを自らが実感しながら・・・

 

 

 

日本全国~全世界に発信し続けていきます・・・

 

今年も大勢の方の応援ありがとうございました・・・

写真には前回の最優秀賞作品も載せました・・・

今回は業界初の「すみだ水族館賞」を受賞致しました・・・

最優秀賞3連覇の夢は断たれましたが、

又新たな作品にチャレンジし続けていくつもりです・・・

これからも応援宜しくお願い致します・・・

 

東城久幸&椿

 

 


 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※観賞魚フェアの日程が間違っていました。記事内に赤字で修正してあります。

失礼いたしました。

 

JPF(ジャパンペットフェア)2015

東京ビックサイトで開催されました・・・

Aquarium TOJOでは新作でもある・・・

マリンフレグランス2015を出品しました・・・

 


この保守的な観賞魚業界において・・・

毎回、新たな水槽や水景を作り続けるTOJOとしては・・・

どんなに優勝の可能性のある作品でも・・・

毎回同じものは出しません・・・

その時その場で人それぞれの評価をいただき・・・

さらに自分たちの信じる新たなものに挑戦し続けています・・・

 


時には総合優勝をもらい、時には3位になったり・・・

先日TOJOの東京ショールム内に飾っているトロフィーの数を何気なく数えてみたら・・・

何と!45本のトロフィー・盾やメダルが並んでいました・・・

思い返すとそのほとんどが違うレイアウトディスプレーで臨んでいます・・・

今回の作品はその場で見ないと解りにくい作品ですが・・・

ポイントは手前と左側面に置かれた鏡です・・・

 


見る人の角度から鏡と水槽内の底面に写る魚や景色・・・

そして水面の揺れから水上の景色まで一体となり映し出されます・・・

何気なく波を演出するポンプも設置してあります・・・

波になびくサンゴのポリプが神秘的・・・

アクアリウムのセラピー効果を唱えるTOJOとしてはマニアックな水槽ではなく・・・

トータル的に癒される作品を常に目指しています・・・

今週4月10日(金)~12日(日)までは東京船堀のタワーホール船堀1階で・・・

日本観賞魚フェア2015が開催されます・・・

過去3回の総合優勝をいただいています・・・

そして2連覇中でもあります・・・

勿論3連覇をありえないマリンフレグランス水槽で狙います!・・・

この作品は今回で見納めとなります・・・

 


お時間のある方は是非会場までお越し下さい・・・

会場に入る前に・・・

隣のセブンイレブンか会場内1Fのカフェで招待券をもらってください・・・

裏にTOJOの広告が印刷されています・・・

あらかじめ私が束でプレゼントしています・・・(内緒ですよ・・・)

会場で私を見かけましたら是非お声をかけて下さいね・・・

お待ちしています・・・

 

 

カレンダー

2017年10月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031