» 技術のブログ記事

 

昨日のフレグランスファンタジー研究会の模様です・・・


 

Aquarium TOJO(株式会社アクア環境システムTOJO)では主に熱帯魚水槽のレンタル・メンテナンスを全国のfamilyと呼ぶ素敵な仲間たちと行なっています。

 

つまりお客様は綺麗なアクアリウム水槽を自分で手間をかけることなく

毎日見る事が出来るのです!

20数年前水草水槽からスタートしたビジネスでしたが・・・

最近ではファインディングニモ・ドリーなどの影響もあり、

マリンアクアリウム(海水魚水槽)の需要が淡水魚水槽より上回っています。


TOJOでは水族館クラスの大きな水槽も扱いますが、小さな水槽をどのようにアレンジできるか?

を考え、アートフラワー(造花)で季節感をだす「フレグランス」と名付けた独自の技術を生み出しました。

その技術は水槽の枠を飛び出し

「フレグランスファンタジー」

として又進化しています。

 

本日のフレグランスファンタジー研究会は新潟のfamilyさんである

Aquarium TOJO新潟「アクアライフ花楽」代表の大久保さん

が新たに研究会に参加してくれました。

 

 

 

まずは空の水槽に底面フィルターをセットして底砂、溶岩石、流木を配置していきます。

 

 

フレグランスファンタジーも土台部分が一番大切です!


この時点で頭の中には自分が創ろうとしている景色を描いています。

 

 

 

勿論描いた景色をそのまま再現することはできませんが、ほとんどの場合自分の描く景色より、よりリアルな水景ができあがります。

 

 

私達はプロである以上、写真の撮り方も又撮られかたも上手でなければいけません!

 

 

 

そして常に向上心を大切に技術力を磨きます!

 

真剣な表情もプロとしての風格が必要ですね(=^・^=)!

 

 

 

笑顔の中にも真剣さが伝わってきます・・・

 

TOJOで扱うアートフラワーの殆どは一流メーカーの物を使用しています。

 

 

100円ショップで見かける物とは質が全く違います。

とてもリアルに作られているので近くでも本物に見えてしまいます。

 

 

 

それでも梱包され送られてくる造花は葉も茎も総て真っ直ぐに入っています・・・

茎、枝、花、葉の折り曲げを繰り返して良い形を作ることが大切です。

 

 

私と様々な話をしながら立ち上げて約3時間。

お二人とも完成したようです・・・

 

出来栄えはどうでしょう?・・・

此方はフレグランスファンタジー研究会

レギュラー幸恵さん作品

季節にとらわれることなく幻想的なイメージで作りました。

 

 

テーマは・・・


≪ファンタスティック≫

 

 

 

シルバーとゴールドの流れが素敵ですね・・・

 

 

 

 

女性らしく水槽との繋がりが流れる様です・・・


 

 

 

此方は新潟大久保さんの作品・・・


テーマは・・・


≪ハッピーオータム≫

 

 

 

とても大胆に綺麗に仕上がりました。

秋の色合い一色ですね・・・

 

 

 

 

水槽内とその上の景色、そして外側の景色が繋がっているように仕上がりました。

 

 

 

 

 

バックに夕日を連想させるオレンジの色合いも似合いますね・・・


 

 

上かうえら見る景色も

素敵です・・・

 

 

 

水の流れもとても綺麗です・・・


 

 

今日の研究会でも又新たに発見したことがありました・・・

今後も東城久幸の「フレグランスファンタジー研究会」をお楽しみに・・・

 

 

 

Aquarium TOJO(株式会社アクア環境システムTOJO)では小さな水槽から水族館クラスの水槽までどんなものでも全国メンテナンス対応致します・・・

小さなグッピーや、1メートル以上になるサメまで何でも対応してきました。

 

 

全国Aquarium TOJO Familyの皆様には更に詳しく解説いたします。ご希望であればこのブログで紹介している画像をお送り致します。遠慮なく私までお知らせ下さい。

 

Aquarium TOJO 認定水景デザイナー資格受講者大募集中!

今すぐ仕事をする気持ちの無い方や、趣味を更にレベルアップしたい方は是非私達と一緒に勉強しませんか!

詳しくはホームページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

フレグランスファンタジー研究会


 

フレグランスファンタジー研究会は回を重ねるごと進化しています・・・

 

 

何より私自身(東城久幸)が一番勉強になっています。

 

 

 

毎回参加受講される方は1〜3名ですが、その方がマンツーマン的指導ができ技術力アップの勉強会としてはふさわしいと感じています・・・

 

 

現在はテーマを決めず、自分のインスピレーションで作り上げていくこの研究会は、各自の性格が表れます。

 

 

1回だけ参加するのではなく、何度も繰り返し練習に来てほしいと感じています・・・

 

 

私もこの技法を毎回写真に収めフレグランスファンタジーの作品集を作っていこうと考えています。

 

 

真剣な表情がとてもいいですね。

 

 

私達Aquarium TOJO Familyは常に「プロ」を意識して下さいと伝えています。

自分たちが作業をしている姿は何処から見ても素敵に見せるべきと考えます。

勿論それが演技でなく自然に身に着くことが大切です。

フレグランスファンタジーと言う芸術作品を作り上げるのですから、自らもその芸術の一部になって欲しいと思っています。

本日初参加のAquarium TOJO 静岡「富士アクア水景」の小林代表です。

私がどの角度で写真を撮られても格好良く撮られるように意識することを伝えると・・・

中々プロらしいいい表情ができましたね・・・

 

 

 

之からも「プロ」を楽しんでほしいと思います。

 

 

 

中々いい作品が生まれました。

季節がら秋を意識した作品ですね。

フレグランスファンタジーでは水中の景色と水上の景色とその中間の水面を際立たせ・・・

更に水槽の外側を作り上げます・・・

水槽の外側の景色が水槽内とその上部の景色と一体化するようにつながることが大切です。

 

 

 

こちらはバラを使った作品ですね・・・

Aquarium TOJO が今まで行ってきた「フレグランス」水槽では季節感を出すためその季節の草花をアレンジしていました。

しかし、フレグランスファンタジーはその枠を飛び越え、又新たな可能性を引き出すものと考えています。

バラの花は私も一番アレンジしていきたいアイテムです。

フレグランスファンタジーのブライダルシリーズも作り上げていく予定です。

 

 

 

水槽と景色が一体化しているように見えるこの作品は花嫁のブーケを意識して作りました・・・

水槽内からその水上、更に左に繋がるオブジェが流れる様に一体化している素晴らしい作品となりました。

 

作品に使用するバラの花は、その色合いの種類がいっぱいあります。そして種類がありすぎるためそれを選ぶのが一番苦労します。

 

 

色合と花の大きさ、その組み合わせだけでもセンスが必要になってきます・・・

 

 

Aquarium TOJOではfamilyと呼ぶ全国で活動するプロを育てています。

プロは目指さないけど、趣味としてAquarim TOJOの認定資格である「水景デザイナー資格」を取りたい方にも講習会を開いています。

詳しくはメールもしくは直接お電話でお問い合わせ願います。

 

※更なる技術的アドバイスは全国のAquarium TOJO 水景デザイナー有資格者の皆様に専用一斉メールにてお伝えいたします。

 

東城久幸流!

マリンアクアリウム(海水魚水槽)の

メンテナンス方法・・・

 

これは我が家にあるワイド600㎜のマリンアクアリウム(海水魚水槽)です・・

フィルターは底面式フィルターを使用。

波発生装置を取り付け小さいエアレーションをかけているだけです。 それでも魚達やサンゴが元気で大変綺麗です! しかし・・・


メンテナンスをほっておくと、この様にコケだらけで中が見えなくなってしまいます・・・

今日は皆様に超簡単なマリンアクアリウム(海水魚水槽)の東城久幸流メンテナンスをお見せいたします!

これはAquarium TOJO Familyの方達もプロとして実践している方法です!


 

いつでも水槽を綺麗に保つメンテナンスの「コツ」は・・・

毎週行うこと!ですね・・・

 

 

アクアリウム(熱帯魚)が大好きな我が家のマンチカンのバッキーが興味本位で見守ります・・・


 

このマリンアクアリウム(海水魚)水槽は西日の当たる我が家の2階にある為、毎週掃除をしていても直ぐにコケが生えてしまいます・・・

しかし、入れてあるサンゴや魚達はみんな元気です!

勿論私はプロですから、元気でなくてはこまりますね・・・

まずコケの状態を確認しましょう!

今回はコケがひどいので大量の水替えを行います。

通常600㎜水槽の水替えは水槽の水の量の約3分の1程度が理想ですが、この様に汚くなりきった水槽の水替えは3分の2程度行っても問題ありません。 今日は思い切って多くの水を換えてしまいます。


アクアリウムのメンテナンス時に一番初めに行うことは・・・

水槽外側のガラスを綺麗に拭くことから始まります。

次にLEDライトの汚れを綺麗に拭きとります。 コードのねじれやコンセント部分もチェックしましょう!

おっ!バッキーが芸術的に写っていますね(=^・^=)

東城流は常にプロとして「お客様」を意識して行います。

ライトは  床やライト自体に傷などつかない様に注意して置きましょう!

そして、お邪魔なネコちゃんにはどいてもらいます・・・

次にガラスブタを外して水滴を拭き取ります。

マリンアクアリウム(海水魚水槽)の場合ガラスブタにも塩が付着しやすい為ガラスブタは流しで水洗いすることをお勧めします!

とりあえずは水が垂れない様にタオルで綺麗に水滴を拭き取ります。

 

ガラスブタも割れない様にタオルをかけて安全な場所に起きましょう。

 

※ポンプを止めたほうがメンテナンス中のコケを底面内に吸い込まないので良いのですが水槽内に入れっぱなしの魚達の為にあえて作動したままメンテナンスをしています。

次の作業は水槽ガラス内面に付着したコケ取です。

この作業は3段階に分かれて行います。

①まずはコケ取用のヘラを使います。

私の持っているのは業界では売られていない秘密の優れものです!

 

 

秘密のコケ取ヘラで目に見えるコケをはぎ取る様に取り除いていきます。

着いたばかりのコケは力を使わず簡単に取れます。

 

 

綺麗に見えていても必ずコケは付いています。

丁寧に水槽内全体をこのヘラを使いコケを落としていきます。

 

 

後面のコケも丁寧に確りと落としましょう!

 

 

水槽ガラスのコーナー部分は注意します!

ヘラの先でがシリコンを剥がしてしまわない様に注意して下さい!

 

 

コケ取用のヘラで水槽内を綺麗にした後は

②食器洗い用のスポンジを使います。

ヘラで落としきれなかった水槽のコーナー部分のコケを丁寧に拭き取ります。

 

 

ガラス水槽の場合スポンジはザラザラしている側をガラス面に当たるように使います。ガラスが傷つくことはありません。

 

 

スポンジでもまんべんなく水槽内をこすります。

 

水槽内のライブロックや邪魔なアイテムは取り出しましょう。

一番先に取り出すことがメンテナンスを簡単にします!

 

ライブロックはバケツに入れて乾燥しない様にします。

メンテナンス時に魚を出すことは余りしません。

スピーディーなことが魚達にも負担をかけず大切です。

 

 

ディスプレイを完全に壊すこの作業は毎週は行いませんが定期的に行うことをお勧めいたします。

 

 

ヘラで取り切れなかったシリコン部分のコーナーはスポンジで丁寧にこすりコケを完全に取り除きます。

 

 

サンゴ砂の敷いていない底面も丁寧に拭いていきます。


 

3段階のコケ取作業の最終段階は

③ご自分の手です。

 

 

ヘラやスポンジで取り切れていないコケを手の平で感じながら(ヌルヌルする感じ)こすります。

ガラス面を「キュッキュッ」という音を感じたら完璧です!

 

 

水槽内に漂うコケを総て吸い込むように水をホースポンプで吸い取ります。

サンゴ砂の中などもホースポンプの蛇腹でない中央部分を指で握り水流を調節しながら吸い取ります。

この水槽の場合底面フィルターを使用しているのでサンゴ砂の間に必ずゴミが溜まります。

 

水を吸い取った後に水の無くなった水槽の内ガラス部分を渇く前に乾いたタオルで拭き取りましょう。

この作業は結構重要な作業です。

後の綺麗さが全く違います!

 

 

汚れた水なので食器を扱う流しよりもトイレに流します。

注)サンゴ砂等パイプが詰まるようなものは絶対に流さないこと!

 

 

人工海水を作ります。

 

 

毎回の作業なので私は自分の感覚で人工海水を作りますが、軽量カップなどに印をつけておくと便利です。

 

 

人工海水を上手に作るコツは熱湯で溶かすことです。


 

アミの中に人工海水(塩)を入れその上から熱湯をかけます。

 

 

簡単に溶けて細かい目の網からバケツの中に入っていきます。


 

今度は冷たい水にして水温を調節します。

 

 

この時もバケツの中で網をかき混ぜる様に動かすことで人工海水が綺麗に混ざります。

まだ水は白く濁っていますがそのまま入れても全く問題はありません。

 

 

この便利バケツはリットルの表示があるので便利ですが、通常のバケツの場合8文目くらいの所が何リットルなのか?を把握しておきましょう。

水槽のメンテナンスに使用するバケツは通常の丸い物より注ぎ口のあるものが大変重宝します。(なるほどバケツ等)

 

 

私は水槽のコーナーにあえて底砂を敷かない様にしているのでその部分に向かって行きおい良く水を注ぎこみます。

 

水を入れながらレイアウトディスプレイを作ります。


 

ディスプレイのコツは・・・

①高さを出すこと!


 

②奥行きを出すこと。


 

③魚達の泳ぐスペースを手前やサイドに作ること。


 

そして一番大切な事は・・・解りますか?!

 

 

④魚達の隠れるスペースを作ることです。


 

海水魚たちは夜暗くなるとライブロックの隙間などに隠れて寝ています。

隠れられるスペースを沢山作っておきましょう!

その結果見栄えの良いディスプレイが完成します。


 

このディスプレイの4つの法則は私が長年役員をしている農林水産省と経済産業省の認可する日本観賞魚振興事業協同組合が発行する国家試験でもある管理飼育士 のテスト内容にも含まれています。


 

ライブロックの形状を確認しながら魚達が通り抜けられるスペースを上手に作りましょう。

 

このライブロックはブリッジに丁度良い形ですね。


 

バッキーは少し飽きてしまいました・・・


 

全体のバランスを見ながらディスプレイを完成させます。


 

底に敷き詰めてあるサンゴ砂をピンセット等でバランスよく 仕上げます。

サンゴ砂が汚れきったときは汚れている表面部分を取り除き新しい綺麗なサンゴ砂を上からかけて行きます。汚れたものは漂白することで又綺麗に使うことができます。

(漂白剤の塩素等を必ず抜きます)

 

 

可愛い飾りサンゴもディスプレイしましょう。


 

白い飾りサンゴも直ぐに汚れてしまいます。

毎回新しい綺麗なものと交換します。

 

比重計で塩分濃度を確認します。

塩分濃度は1.019〜1.024あたりが理想です。

この測りの中央あたりが理想です。

しかし私は長年メンテナンスをしていますが、殆ど感覚で行っています・・・

たまに塩分濃度を測るとメモリをさす針が降り切れてしまったこともありました。

問題は魚達が元気かどうかです。

メモリばかり気にしていては逆に私達にストレスが溜まってしまいます。

塩分濃度は高目が理想と言う人もいれば低目が理想と言う人もいます。

アバウトが理想です!

とは言え少し真水を足しておきましょう。

その後は測りません!


 

真水を足して います。


 

水を入れた部分に気泡が付きやすいので手でその気泡を取り除きます。


 

ガラスブタを再度拭き水槽に載せます。


 

LEDライトを載せ水槽のガラス面を渇いた綺麗なタオルで丁寧に拭きます。


 

水槽の後ろも綺麗にしておきましょう。


 

TOJOの行う水槽にはバックライトとして色が変化するオリジナルのLEDライトを使用しています。

一つは水槽バックの上に向けて水槽ディスプレイを引き立てる様に使い、もう一つは水槽の後ろから前に向けて取り付けます。

前から見た水槽下のガラス部分が綺麗に光ります!


 

私達は水槽の水替えをするとき水をこぼしても大丈夫なシートは絶対に敷きません!

水をこぼさない気持ちを高めています。

それでも最後に床は綺麗にしておきましょう。

特にお客様の水槽の周りは丁寧に綺麗にしましょう。

(Aquarium TOJO Familyの鉄則です)

 

 

水槽の架台も綺麗に拭きます。


 

この架台の扉はマグネットで簡単に取り外しができて便利ですね。


 

架台の中や後ろにあるコンセントは毎回必ずチェックしましょう!

熱を持つていないか?!

抜けかけていないか?!

コードがねじれていないか?!

海水がかからないか?!

等々の安全部分は一番大切な事です!

 

 

できあがりました!


 

段々と左のハナガササンゴの触手が伸びてきます!


 

一見大変な作業に思われる方もいるかと思いますが、作業時間は約30分です!

このブログを書くより早いですね!

本当に簡単な事です。

ポイントは汚れる前にメンテナンスをすること。

1週間に1度が理想です。

曜日を決めておくと忘れないでいいですね。

私達Aquarium TOJO FamilyはTOJOスクール(5日間)でTOJOの認定する水景デザイナー資格を取得しフランチャイズ的なfamilyとして全国でアクアリウムのメンテナンスを中心に活動しています。

プロではなく水景デザイナー資格だけの取得も可能です。

TOJOスクールでは毎回マンツーマンで指導してFamilyさん達を育てています。

現在は日本全国(一部中国)に120組以上のAquarium TOJO Familyさん達が活躍しています。

女性の方も増えています。

目標は300組以上!あなたも私達と一緒に人からありがとうと言われる仕事をしてみませんか?!

人生感が変わりますよ。

 

 

綺麗な水槽はいやされるニャン♪・・・


 

第一回

フレグランスファンタジー研究会

開催いたしました・・・

(今回はW450㎜×D300㎜×H 300㎜の特殊サイズの水槽をフレグランスファンタジー研究会用に作ってみました)

そもそもフレグランスファンタジーって何?・・・

 

 

(水槽の角は尖っているので危険です!TOJOでは新しい水槽を立ち上げる際は必ず耐水ペーパーで8カ所のコーナー総てを丸く整えます)

そうですね、皆さん聞いたことありませんよね・・・

 

 

私がこの仕事を初めて20数年が経ちました。

 

 

(TOJOでは水槽の後ろにすりガラス色のスクリーンを貼ります。このスクリーンがLEDライトの色合いにグラデーションを付け乱反射することでより綺麗に演出できます)

アクアリウムのレンタル・メンテナンスをビジネスとして始めたこの仕事でした。

お客様に喜ばれレンタルアクアリウムと言う特殊性から、その技術力の必要を感じ、更にこのアクアリウム(観賞魚業界)業界の教え方やあり方に疑問を持つようになった結果、自らの考え方や技術をマニュアル化すべきと考えそれを実行してきました。

 

 

アクアリウムレンタル・メンテナンス技術向上を目的としたそのマニュアル作りは今までのアクアリウム業界の常識をくつがえす内容が山ほどあり、それを正当化するための裏付的な実例を数多く実証したうえ堂々と「間違いない!」の自信で作り上げてきました。

 

 

そのノウハウをAquarium TOJO Familyと呼ぶ多くの方々に伝え全国活動を可能にしました。

今では北海道から沖縄、そして中国を含め120組以上のファミリーさん達が存在しています。


数々のイベントやテレビ出演を重ねるたび常に工夫を重ねた結果アクアリウム水槽内の水景は進化し続けました。

(小さい水槽では底面フィルターが使いやすく重宝します)

いつしか私の作るその水景は水槽内を飛び越え水の上の景色を作ることが当たり前になってきました。

 

 

(水槽底面全体に底砂を敷くのではなく一部砂などがかからない状態の部分を作ることでその部分に鏡効果が生まれ、泳魚達や水景が写りこみ素敵です)

アクアリウムである限り水槽内に泳ぐ魚の動きを見るのが当たり前の世界でしたが、水槽の上に景色を作ることで一番際立ったのが「水面」の揺らぎでした。

 

 

水面の揺らぎは不思議と上から見る水面と下からのぞき込む水面とで全く違う景色を味わうことができるのです。

 

 

勿論真横からの景色も存在します・・・


 

当然ながら上から見る水面は水上の景色を鏡のごとく反射して写りこみます。

水中の景色の色合いも水の動きとともに適度に揺らいで見えてきます。

 

 

(流木は形の良い物を選ぶのではなく、あえて悪い形のものを組み合わせる事で全体的に素敵な景色を生み出します)

下から見上げる水面はその逆で水槽内の水景や魚達を鏡のごとく写しこみ、水上の景色の色合いを水の滑らかな動きとともに演出してくれます。

 

 

今ではその水面の「揺らぎ」こそが癒しを引き出す大元であることが解ってきました。

 

 

私達(亡き家内と)はその幻想的で芸術的なアクアリウムの世界に「フレグランス」という名を付けその技術を自分たちの得意であったアートフラワーで飾り付け「フレグランス技術」として多くの人に伝えてきました。

 

その結果日本全国の至る所で東城流のフレグランスを目にすることができる様になってきました。

(人に教える私は常に水槽の反対側から正面をイメージしながら作っています。そのため水を入れるときもこの様な形になります)

 

昨年(2015年11月22日)TOJOのSpecialistチーフデザイナーであった椿(家内)が難病(平滑筋肉腫)の病で他界したことで私はその技術を新たに発展させることを決意しました。

 

水上に飛び出たオブジェは水槽の外側にも広がりはじめました。

 

 

 

「フレグランスファンタジー」

の誕生です・・・

 

(とても真剣なまなざしがプロを感じさせますね・・・)

 

今回私とTOJO Familyである皆様と新たな技術開発を毎週行っていこうと決意しました。

 

以前は熱帯魚の業界に「練習会」等の言葉は見当たりませんでした。

元ヘアデザイナーであった私には技術力アップの練習会は当たり前の世界です!

 

管理の行き届いた素敵なフレグランスファンタジーを全国の至る所で数多くの方に見てほしいと願います。

 

 

 

彼女はTOJOの行う全国フォトコンテスト2016にて第3位をフレグランス水槽で受賞しました。

四国方面を中心とした南海放送の人気番組「えひめ情熱人」でも2回に渡りフレグランスファンタジーとともに紹介されました。

オンデマンドで見られますよ!

 

 

特に老人施設に入居しているお年寄りや大きな病などで苦しみ病院に入院されている方々や、大切な人を思いやるそのご家族には毎日でも見てもらいほんの一時でも心温まる癒しを体感してほしいと願います。

 

 

 

アクアリウムを見るだけでもセラピー効果の生まれることは既に立証されました。

更に水の音や色とりどりに緩やかに変化するTOJOオリジナルLEDライトで幻想的に見える水面の揺らぎを加えたフレグランスファンタジーはコンピュータ時代の人間には欠かせない必要なアイテムになっていきます!

今私は全国で活躍するAquarium TOJO Familyの皆様と「アクアリウム フレグランスファンタジー研究会」を行いながら、新たな可能性を見出して行こうと思っています。

私達と一緒にこの新たな世界を切り開いてくれる素敵な方をTOJO Familyとして歓迎致します!

 

(林さん作品)

特に女性の方にはこの仕事の素晴らしさを体感して欲しいと思っています。

(佐久間さん作品)


大切な人生を価値ある、そして意味のある人生に勇気をだして変えてみませんか?!

(東城久幸作品)

私、東城久幸と一緒に素敵な世界で自分の命の生きる価値をみい出しましょう!

タバコが大好きで、意味のないバーチャルの世界で踊らされてる人には不向きの世界ですが・・・

※Aquariumu TOJO Familyの皆様には更に詳しくこの画像の注釈をメールにて発信致します。

 

現在フレグランスファンタジー研究会は毎週木曜日18時〜20時と日曜日14時〜17時まで行っております。

 

参加費用はTOJO Familyの方一人5,000円です。

 

一般の方でご興味のある方も参加することができます。

※要予約

 

東城久幸によるマンツーマン的な指導で1回3万円です。

使う道具は総てこちらでご用意致します。

詳しくはお電話またはメールでお問い合わせ願います。

 

 

今回は之からの季節である秋のイメージで作ってみました・・・

 

 

今後ハロウィン・クリスマス・ウエディング等様々な場面を想定し参加する皆さんと研究しながら多くの新しい作品を作り上げて行こうと思います・・・

ご意見ご要望なども是非お聞かせください・・・

 

TOJOのフレグランス研究会ではその名の通り新たなデザインの開発を目的とし参加される皆様と東城久幸の個性と斬新なアイデアを協議しながら数多くの作品を作り上げていきます。

アクアリウムフレグランスファンタジー研究会に参加される皆様には自分自身もアーティストとしての自覚を持っていただくため、常に写真撮影を行います。

写真の撮り方も教わりますが、逆に撮られかたも大切な事を学びます。

今回受講されている方にもそれを伝えたうえ撮影したため、どうでしょう?格好良く写っていると思いませんか?・・・

作品だけがアートではなく、自分自身もアートの一部になることが素敵な事と思います。

 

 

 

2016年9月7日19時からTBS系列で全国放映する「生き物にサンキュー」と言う番組内で私が一緒に暮らしているマンチカン(ねこ)のバッキーと私自身が出演します。内容はお伝えできませんが是非見て下さい!

 

 

 

 

 

 

 

ハーフムーン水槽

 

アクアリウム歴が50年以上である私はこの仕事を初めて21年になります・・・


仕事を始めたばかりのころは自宅に大小30本ほどの水槽がありました・・・


 

立派なショールームや大きな水槽を手掛ける様になってからは我が家に水槽は1本も置いていませんでした・・・


 

小さな水槽に白メダカを入れてみました・・・


 

そしたらやっぱり・・・

 

癒されました・・・


せっかくだからグッピーやグラミィ、ネオンテトラ等を入れてみました・・・

 

そしたら更に楽しくなりました・・・

 

やっぱり・・・

 

水草でディスプレイしてみました・・・

 

 

何ということでしょう!・・・

 

 

今まで私を癒してくれたバッキーが癒されています・・・

 

 


めでたし、めでたし・・・

 


 

東城久幸&椿&バッキー

 

 


 

 

仙台に行ってきました・・・


何しに行ってきたのですか?・・・

勿論、牛タンを食べにです・・・


ではなく、


イベントにフレグランス水槽を1台立ち上げてきました・・・

(W1500㎜×D600㎜×ディスプレイの高さ1200㎜)

 

 

仙台駅を出た直ぐの場所にショッピングモール(S-PAL)があります・・・

 

 

毎日数万人の人々が行きかう場所にアクアリウムを設置します・・

 

 

この様なイベントの立ち上げは夜中作業になってしまいます・・・

 

 

17時に到着しました・・・

地元のファミリー希望をしている女性が私と一緒に牛タンを食べるのを付き合ってくれました・・・

美味しかった (=^・^=)

 

 

結局確りと牛タンを食べたわけです (;^ω^)・・・

 

 

今回の設営は福島エリアの梅沢代表が仕切っています・・・

 

 

約2時間で出来上がり・・・

 

 

立ち上げ開始時間が遅れたため、私がホテルに着いたのは夜中の1時過ぎでした・・・


 

仙台の人達に一足早いサクラをプレゼント・・・

 

 

昨晩は総ての水槽の完成を待たずにホテルに帰ってしまい、

更に今朝は朝7時21分の新幹線に乗ったため残念ながら全ての完成を見ていません・・・



 

この写真はまだ外側のパネルが貼られていません・・・

お近くの方は完成品を是非ご自身の目で見て来てください・・・

できれば私に写真を見せて下さい・・・


この作品に題名を付けるとしたら?・・・


幸せな春


かな?・・・

 

 

東城久幸&椿

 

 

 

 

Aquarium TOJO 全国フォトコンテスト


今年で丁度10回目となるAquarium TOJOのフォトコンテストの順位が確定しています!・・・

(※写真は2015年のものです)



最優秀賞の○○さん!本当におめでとうございます!

(まだ言えませんが・・・)

私には夢ではなく絶対実現させたい目標がありました・・・

「私」と言うより「私達」(勿論家内であった東城 椿と)です・・・

その夢の一つに私達が審査するTOJOのフォトコンテストの最優秀作品に100万円の賞金を付けること・・・

そしてその表彰式を南国リゾートで盛大に行うことでした・・・

 


その目標が現実となりました・・・

本当に嬉しいことです・・・



残念なことはその目標を見ることなく椿(チーフ)がこの世にいないこと・・・



でも彼女は確実に私とfamily皆様の心の中で生き続けています・・・

彼女と一緒に沖縄で表彰式パーティーを楽しみたいと思っています・・・

 


前回、前々回と2連勝された埼玉の芹田代表は果たして3連覇を達成できるのか?・・・

 


TOJO Familyグループ実力派の九州長崎の湯田代表がそれを阻止するか?・・・



いやいや、他のAクラス実力派の方が入り込むのか?

はたまた新人の方が突然現れるのか?・・・


 


本当に楽しみですね・・・

今回の結果を載せる「総評」も最高の出来になる予定です!

2016年4月16日が楽しみですね・・・


 


何と!この表彰式パーティーに一般の方も参加できます!

ご希望の方がございましたらご連絡下さい。



私達と一緒に盛り上がりませんか?



東城久幸&椿

 


第10回

Aquarium TOJO

全国フォトコンテスト2016

 

今日は3番目の写真です・・・

この写真は「表情の写るもの」が課題とされます・・・

たいていの場合人の表情ですが、最近では動物の表情も出てきました・・・

この作品で1番を取ると「ベストスマイル賞」を受賞し、次のフォトコンテスト総評の表紙をかざります・・・

業界紙でも取り上げてもらえます・・・

したがって大変重要な写真になります・・・

しかし表情を水景とからめ撮影することは大変難しいことです・・・

皆さんはどの表情が気に入るでしょうか?・・・

じっくとご覧ください・・・

※今回撮影にご協力していただきました多くの皆様へ、

この場をお借りいたしましてお礼申し上げます。

本当に素敵な笑顔をありがとうございました・・・

※作品はエントリー順です。順位には関係ありません。

 

 

【作品3】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※この作品は写真に写る小学校3年生の坂巻花音さんがチーフに教わり自分で仕上げたものです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様の笑顔ありがとうございました・・・

第10回Aquarium TOJO 全国フォトコンテスト2016の結果は・・・

2016年4月16日に沖縄の表彰式会場にて発表されます・・・

お楽しみに・・・

 

 

 

東城久幸&椿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 

第10回

Aquarium TOJO

全国フォトコンテスト2016


今日は2の作品の写真をお見せいたします・・・

この写真は水景レイアウトデザインなどの技術を見ます・・・

TOJOでは常に変化できる技術力が大切です・・・

年がら年中同じレイアウトはありません・・・

そして、ヒーターやコンセントが目立つこともNGです・・・

コケやタニシは論外です!・・・

フォトコンテストなので写真を水平に写したり・・・

ストロボの使い方も大切です・・・

この写真に写る水槽のサイズは・・・

小さいものは30㎝程度〜

大きい物では5メートルくらいの作品もあります・・・

それでも大きさでの勝負ではありません・・・

小さいものでも高得点の作品が沢山あります・・・

貴方はどの作品が好きですか?・・・

じっくりご覧ください・・・

 

※作品はエントリー順となっています・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※この作品は小学校3年生の坂巻花音さんがチーフに教わり自分で作ったものです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東城久幸&椿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10回

Aquarium TOJO

全国フォトコンテスト2016

出展作品が出そろい採点が行われました・・・

私の行うコンテストは単なる1枚の写真だけに点数を付けるものではありません。

4作品それぞれ色々な角度から見直し全体の芸術性を

Specialistである東城久幸&椿独自の見方で判断するものです。

【作品1.】水槽が置かれている部屋の全体が写るもの。

この作品では水槽がその部屋にマッチして全体的に綺麗に芸術的に見えるかを判断します。

水槽以外の細かい処もチェックの対象となります。

【作品2.】水槽ディスプレイ・レイアウトのアップ

これは技術的な部分を見ます。しかしどんなに優れた作品でも日々のメンテナンスが不可能なものはマイナスになります。

【作品3.】お客様の表情の写るもの

これは水槽がある為に見られる笑顔やしぐさなどを拝見します。

マスク姿や水槽をバックに集合写真的なものはマイナスになります。

【作品4.】これは100文字以内の文章で提出します。

水槽設置にまつわる様々なエピソードを書くものです。

今回は1の全作品をご覧いただきます・・・

順番はエントリー順です。順位とは異なります。

 

 

(このページでは1の作品だけ掲載いたします。2・3は又後日ご紹介致します)

 

最優秀賞は誰の手に?・・・

 

 

【作品1.】

優秀作品:広島 明賀健太郎

優秀作品:鈴木孝宜

 

優秀作品:明賀健太郎

 

 

 

第16位入選作品 埼玉県:中沢 俊

 

 

優秀作品:岡田幸恵

 

優秀作品 :岡田幸恵

 

第20位入選作品:井上隆介

 

第10位 入選作品:浅野道直

 

第9位入選 神奈川:鈴木孝宜

 

優秀作品 群馬:原澤慎太郎

 

第4位入賞作品 長崎:湯田恭弘

第13位入選作品 北九州:高畑友喜

 

第6位入賞作品 群馬県:原澤慎太郎

優秀作品 埼玉:芹田康 仙

 

第5位入賞作品 埼玉芹田康仙

優秀作品 埼玉:芹田康仙

 

 

 

優秀作品 大阪:岡田幸恵

 

 

優秀賞作品 TOJO1.松久保大樹

 

 

 

 

第21位入選作品 TOJO1.榊原隆行

 

第24位入選作品 東京:石井良活

 

第11位入選作品 長野県:小澤智明

 

 

第7位入賞作品 埼玉県坂巻 学

 

※この作品は小学校3年生の坂巻花音さんがチーフに教わり自分で作ったものです・・・

 

 

 

第12位入選作品 東京:小西啓之

 

 

第19位入選作品 鹿児島県:新保晶子

 

 

最優秀賞作品 埼玉アクアリバージュ代表長原一紀

 

 

第14位入選作品 大阪府  :村井富茂

 

第18位入選作品 福島県:梅沢弘樹

 

第15位入選作品 福岡:下田将史

 

第17位入選 福岡:森田哲平

 

 

 

第8位入賞作品 宮崎県:田中孝信

 

第15位  入選作品 福岡県:下田将史

 

 

 

 

東城久幸&椿

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031