» 2013 » 9月のブログ記事

伝説のアクアリウム第2弾(水草編)

 

タイトル:静寂の時

 

前回伝説のアクアリウムが大変好評でしたので・・・

調子に乗りまたまた過去の作品を発掘してみました・・・

 

 

 

 

 

これも私の中ではいつしか伝説の作品となりました・・・

この作品は今から6年程前にADAさんの写真コンテストの為制作したものです・・・

 

ADAさんのコンテストには過去4回トライしましたが最高が21位後は40・50・60位程度でした・・・

写真でレイアウトを表現するのは本当に難しいですね・・・

自分では良いと思う作品がかえって低い順位になってしまいます・・・

 

水槽のサイズを見て???と思った方もいるでしょう・・・

この水槽の奥行きは700㎜で作りました・・・

写真を撮る方なら解ると思うのですが、これだけの奥行きを作ると両サイドのラインが極端に斜めになります・・・

写真を見る限りそのラインは出ていませんが・・・

徹底的にこだわった結果、水槽が台形になりました・・・

 

 

 

 

良く見ると前が狭いのが解るかも知れません・・・

アルミ合金のフレームを見れば良く解りますね・・・

 

 

底砂の高さを出すためにネットに入れてあります・・・

 

 

 

 

後ろ側から見た写真です・・・

フレームと水槽がピッタリです・・・

 

正面から見た画像です・・・

 

石や流木を仮置きします・・・

 

 

 

勿論私の頭の中にはある程度のイメージはできあがっています・・・

 

 

 

私の場合形のできあがった流木は一切使用しません・・・

逆に形の悪い流木をいかに綺麗な流木のように演出できるかが、大切と思います・・・

 

 

 

 

 

何度も仮置きを繰り返します・・・

 

 

底砂を多く敷く場合水を入れた際レイアウトが沈み込み崩れる事があります・・・

あらかじめ沈みこく事も想定してレイアウトの高さを作ります・・・

 

 

 

 

水を入れる前はレイアウトグッズ等をでたらめに投げ込むため見た眼にはゴチャゴチャ状態になってしまいます・・・

 

 

 

土台となるレイアウトは納得するまで作り直します・・・

ネットに入れてあるソイルは土台が崩れにくくする為の裏技です・・・

(あっ、ついにその秘密をばらしてしまった・・・まっ、いいっか・・・)

その上からもソイルをかけて行きます・・・

 

 

 

水槽の高さが650㎜なので迫力が出ますね・・・

 

 

次に水を入れて行きます・・・

初めから満水にはしません・・・

数日かけてゆっくりと徐々に入れて行きます・・・

 

ウイローモスを試しに入れてみました・・・

 

 

 

 

毎日水を少しづつ入れて行きます・・・

 

 

 

当然CO2も添加します・・・

 

 

 

レイアウトはいかにリアルに創りあげるかが大切です・・・

 

 

 

時には良い状態の水草の上に石を載せる場合も出てきます・・・

 

 

そして試しに植える水草が状態良く育つ場合もあれば駄目になる場合も出てきます・・・

 

 

色々な水草が入りましたね・・・

(水草の種類などは最後に記載致します)

私的には左側のレイアウトを男性チックに・・・

右側のレイアウトを女性チックに仕上げようと考えました・・・

 

 

 

照明の明るさや照射時間はとても重要ですね・・・

メタハラや特殊ライト当てています・・・

 

 

 

できあがるまで水の流れも大切です・・・

外部式パワーフィルターを3台ほど使い水の流れを作りだします・・・

 

 

 

大分雰囲気ができあがりつつあります・・・

 

 

CO2の添加量は少々多めです・・・

 

 

 

メタハラ等のライトを多く使っていますが・・・

 

 

 

それでも水深が深いので底の方の水草に気を使います・・・

 

 

 

今回200匹のトランスルーセントグラスキャットを入れました・・・

このレイアウトにトランスルーセントグラスキャットを入れるのには理由がありました・・・

 

 

 

前にもお伝えしていますが、左のレイアウトを力ず良い男をイメージし・・・

右のレイアウトを優しい女性らしさを表現しています・・・

 

 

 

そして双方から出る流木・・・

更にトランスルーセントグラスキャットの透き通る体が虹色に輝く事で・・・

右のレイアウトと左のレイアウトを虹の架け橋が生まれます・・・

 

 

 

照明は更に天井から数台水草に向けています・・・

 

 

 

200匹ほど入れたトランスルーセントグラスキャットは水質に慣れてくると ・・・

透き通るような虹色に輝きます・・・

 

 

 

時間が経つほど水草は自然な状態になってきます・・・

 

 

 

いよいよ撮影開始です・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪データ≫

【作品タイトル】

静寂(せいじゃく)の時

【水 槽】

ガラス水槽:W1100㎜×D700mm×H650㎜

【底 床】

プラントサンド・アマゾニアⅠ. サラワクサンド(化粧砂)

【ろ 過】

外部式パワーフィルター×4基

【照 明】

メタルハライドライト(150W×3)(照射時間1日7h)その他12wLEDライト×2

【CO2添加】

1秒5滴(夜間3滴)(魚の状態をみてエアレーション)

 

【水 草】

クリナムアクアティカナローリーフ (Crinumcalamistratum)

バリスネリアナナ (Vallisnerianana)

◇  ヘア-グラス(Eleocharis acicularis

パールグラス (Hemianthusmicranthemoides)

キューバパールグラス (Hemianthus micranthemoides)

ラージ・パールグラス(Micranthemum unbrosum

◇ ウイローモス (Fontinalis antipyretica)

南米ウイローモス (Vesicularia sp)

◇  ニードルリーフ(Ludwigia arcuata

ミクロソリュウム(Microsoriumpteropus)

◇ ネサエア(Nesaea crassicaulis

ボゴステモンヘルフェリー(Pogostemonhelferi

ミクロソリウム・ナローリーフ(Microsoriumsp

クリプトコリネ・ペッチィ(Cryptocorynepetchii

ブリクサ・ショートリーフ(Blyxanovoguineensis

 

【魚】

トランスルーセント・グラスキャット(Kryptopterusbicirrhis

レッドビーシュリンプ(Caridina sp

オトシンクルス  (Otocinclusvestitus)

ヤマトヌマエビ(Caridinajaponica

 

【その他の生物】

ヤゴ(アジアイトトンボ)(Ischnuraasiatica)(自然発生)

 

 

By.Hisayuki Tojo

 

 

 

 

 

カレンダー

2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30